音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48指原莉乃、初フォトブック発売に「全く実感ない」

78

AKB48 / Not yetの指原莉乃の1stフォトブック「さしこ」の発売を記念した握手会が、本日1月24に東京・福家書店新宿サブナード店にて行われた。

1月19日の発売からたった5日間で4刷15万部を突破した指原の1stフォトブック「さしこ」。写真家・青山裕企による撮り下ろしグラビアや2万字インタビューのほか、地元・大分への帰郷ドキュメント、秋元康や有吉弘行&小嶋陽菜らとの特別座談会、書き下ろしエッセイ、指原の母からの手紙などが掲載された読み応えのある内容となっている。

握手会開始前に実施された記者会見では、指原は大勢の報道陣を目にして「うわあ、こんなに来ていただいて申し訳ありません」と挨拶。その後も独特の「さしこ節」で集まった記者たちを笑わせた。

最初にフォトブック出版の話を聞いたとき、「全く実感がなかった。特にグラビアなんて誰がうれしいんだっていう(笑)」と思ったという指原。いざ完成したフォトブックについて質問されると、「できあがったものを観てもまだ実感がなかった。中身は全部オススメ」と答えた。そしてお気に入りの写真について訊かれると、着替えをしてるシーンをセレクト。顔が隠れていることもあって、「私じゃないかもしれないですよ(笑)」と自信満々に語った。

春に決まったソロCDデビューについて尋ねられると、指原は「AKBはミリオンまでいってるけど、指原は……1枚でも多く売れて、1人でも多くの人の耳に入ればいいな」とコメント。そして「目標は……1位になりたいです! 例えば前田(敦子)さんの握手券を付けたりして、事務所のいろんな先輩に協力してもらいたい」と、願望を口にした。

さらに、もし今年も選抜総選挙が開催されたらどうするかと質問されると、昨年9位と大躍進の指原は「現状維持できれば」と謙虚に回答。続けて「露出にそぐわない順位だと、周りからゴリ推しって言われちゃうのでがんばりたい」と、意気込みを明かした。

音楽ナタリーをフォロー