音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

桑田佳祐、横浜カウントダウンで「MUSICMAN」全曲披露

98

桑田佳祐が2011年12月31日に神奈川・横浜アリーナで、年越しカウントダウンライブ「桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~」を実施した。

今回のライブは桑田にとって約4年ぶりとなる横浜アリーナでの公演とあって、この日も会場は立ち見を含めた1万4000人のファンで超満員。WOWOWや全国の映画館で生中継が行われたほか、台湾、香港、韓国にも映像が配信され、多くのファンが桑田の年越しライブを楽しんだ。

ライブは23:45頃、桑田の弾き語りによる「それ行けベイビー!!」で幕開け。観客全員を巻き込んでのカウントダウンを挟み、この日はシリアスなプロテストソングや得意のエロチックなアプローチを含む、バラエティ豊かな計28曲を披露した。昨年2月発売の最新アルバム「MUSICMAN」からは収録曲全曲を演奏し自身の最新モードをアピールする一方で、サザンオールスターズの「シャ・ラ・ラ」では原由子もサプライズで登場。そのほか「白い恋人達」「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」といった往年の名曲、震災を受けて制作された「Let's try again~kuwata keisuke ver.~」など、ファン歓喜のセットリストで会場を大いに盛り上げた。

また、今回のライブでは会場となった神戸と横浜にちなんで、内山田洋とクール・ファイブの名曲「そして神戸」のカバー「そして、ヨコーベ」を披露する場面も。さらに桑田のMCでは「今年の暮れもここ(横浜アリーナ)でやりたいね。またサザンもやりたいな」といったうれしい発言も飛び出した。

ライブ終盤では「(病気もあって)こういうステージにまた立てるとはまさか思わなかった。こんな貧相なおっちゃんですけど、周りの人たちに支えられて、ほんとに幸せな男だと思ってます」とファンに感謝の気持ちを伝え、最後は1人ステージに残ってエレキギターの弾き語りで「希望の轍」を熱唱。多くの歓声と拍手に包まれて、約2時間40分にわたる年越しライブは終了した。

なお、桑田は本日1月1日からオンエア中の三井住友銀行のテレビCMに新曲(タイトル未定)を提供している。CMは関東、関西、名古屋地区などで放送されており「日本が多くのものを失った2011年から、新たな年へ。その初めに、希望をもって一歩を踏み出そうとする人を応援したい!」というCMのコンセプトにあわせたアップテンポな楽曲を聴くことができる。CMはWEBでも観ることができるので、気になるファンは今すぐチェックしておこう。

「桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~」2011年12月31日@神奈川・横浜アリーナセットリスト

01. それ行けベイビー!!
02. 現代人諸君(イマジン オール ザ ピープル)!!
03. いいひと ~Do you wanna be loved ?~
04. ベガ
05. 悲しみよこんにちは
06. グッバイ・ワルツ
07. SO WHAT ?
08. 古の風吹く杜
09. OSAKA LADY BLUES ~大阪レディ・ブルース~
10. そして、ヨコーベ(カバー)
11. 恋の大泥棒
12. 本当は怖い愛とロマンス
13. 傷だらけの天使
14. ダーリン
15. 白い恋人達
16. シャ・ラ・ラ
17. 狂った女
18. EARLY IN THE MORNING ~旅立ちの朝~
19. 私の世紀末カルテ
20. 明日へのマーチ
21. 銀河の星屑
22. 悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)
23. 波乗りジョニー
24. Let's try again ~kuwata keisuke ver.~
<アンコール>
25. こんな僕で良かったら
26. 君にサヨナラを
27. 月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)
28. 希望の轍

音楽ナタリーをフォロー