NICO、Xmasコスプレで貴重アコースティックライブお届け

250

昨日12月11日、NICO Touches the Wallsが最新アルバム「HUMANIA」の購入者を対象としたUstream番組「『HUMANIA』リリース記念 ネットトーク&アコースティックLive」を配信した。

サンタクロース姿の光村(左奥)、古村(左手前)、対馬(右手前)の3人と、ジャンケンの結果トナカイに扮することになった坂倉(右奥)。

サンタクロース姿の光村(左奥)、古村(左手前)、対馬(右手前)の3人と、ジャンケンの結果トナカイに扮することになった坂倉(右奥)。

大きなサイズで見る(全3件)

クリスマス仕様のファッションでアコースティックライブを行うNICO Touches the Walls。

クリスマス仕様のファッションでアコースティックライブを行うNICO Touches the Walls。

大きなサイズで見る(全3件)

今年に入ってから2度にわたりCD購入者を対象としたUstream番組を配信してきたNICO Touches the Walls。3回目となる今回は、事前に募ったリクエストを元に選曲を決めたアコースティックライブとTwitterを活用してのトークセッションを行った。

予定時刻を迎えると画面に映し出されたのは、アコースティックギターを爪弾くサンタクロース姿の光村龍哉(Vo, G)。彼はゆったりとしたアレンジを施した「バイシクル」を弾き語りで歌い上げ、視聴者たちにひと足早いクリスマスプレゼントを届ける。歌い終えると「どうも皆さんこんばんは」と挨拶した。

続いてトークコーナーに移り、画面にはメンバー4人の姿が。光村と同じくサンタクロースに扮した古村大介(G)と対馬祥太郎(Dr)、そしてトナカイの着ぐるみを身にまとった坂倉心悟(B)が談笑を始めた。この日のトークコーナーは前回同様、テーマを元に進行。普段から愛飲しているレッドブルを飲みながら4人は、「オススメのマニアは?」「何に変身したい?」といった個人的な趣味を露にする問いかけから、「NICO Touches the Wallsにチャレンジしてほしいことは?」といったバンドの将来に関わるテーマまで、さまざまな話題についてリラックスしたムードの中で語り合う。ときにはメンバーの意外な素顔が暴露され、笑いの絶えないひとときとなった。

後半は再びライブコーナーに。まず始めに届けられたのはファンから最も多くのリクエストが寄せられたという「エトランジェ」。そこはかとない色気を感じさせるサウンドと光村のエモーショナルな歌声に視聴者は酔いしれ、Twitterには絶賛のコメントが次々と流れた。

「せっかくこの格好してますし、クリスマスソングのひとつでも」という光村の言葉から続いたのは「きよしこの夜」と「Heim」を合体させたアコースティックパフォーマンス。対馬がグロッケンでキラキラとした音を紡ぎ、坂倉と古村は柔らかな音色を奏でる。そして3人の優しいサウンドに乗せて、光村も古くから歌い継がれる名曲と最新アルバムからのナンバーを静かに歌い上げた。

ライブが終了すると光村は年明けから始まるツアーと、1月11日にリリースされるライブDVDをアピール。そしてメンバーに生中継の感想を求めた。古村は「サンタの格好が結構暑い。でも楽しかったです」と述べ、対馬は「今までの中で一番緊張した。グロッケンの演奏で! でもみんなに素敵なプレゼントができたと思います」と満足げな表情を浮かべる。坂倉は「楽しかったけど、トナカイの衣装のせいで今日は少し自分の殻にこもってたかも」と言いつつ笑顔で親指を立て、光村は「またUstream配信をやれたらと思います。ツアーで会えるのを楽しみにしてます」とファンとの再会を約束して配信を締めくくった。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

NICO Touches the Wallsのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 NICO Touches the Walls の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。