HM家族主催フェスにT.M.R.、トライセラ、SEAMOら集結

102

HOME MADE 家族が主催する野外フェスティバル「家族 Fes. 2011」が、10月9日に愛知・ラグーナ蒲郡ラグーナビーチにて開催された。

写真左からT.M.Revolution、MICRO(HOME MADE 家族)。

写真左からT.M.Revolution、MICRO(HOME MADE 家族)。

大きなサイズで見る(全3件)

昨年からスタートした「家族 Fes.」は、“家族で楽しめるフェス”をテーマに掲げ、ジャンルを問わずHOME MADE 家族が好きなアーティスト、交流のあるアーティストが一堂に会するイベント。記録的な豪雨に見舞われた昨年に対し、今年は晴天に恵まれ、すぐそばに海が広がるロケーションを存分に楽しめる1日となった。

イベントは「家族 Fes. 2011 スタート!」というHOME MADE 家族の開会宣言とともに、彼らのライブパフォーマンスで幕開け。その後オープニングアクトのMs.OOJA、2年連続出演のFLOW九州男、初出演のTRICERATOPSleccaAqua Timezと続き、HOME MADE 家族もそれぞれのステージに登場してコラボ曲を披露した。

また、転換タイムにはHOME MADE 家族のニューアルバム「AKATSUKI」のCMに出演した芸人のあかつが登場し、1万人の観客の前で“すもササイズ”のネタを披露して会場の笑いを誘った。さらに大村秀章・愛知県知事が駆けつけ、HOME MADE 家族とともに愛知県の素晴らしさをアピールする場面もあった。

後半は、SEAMOT.M.Revolutionがそれぞれ熱いステージを展開。トリを務めたのはもちろん主催のHOME MADE 家族で、「FREEDOM」「スターとライン」など全9曲をパフォーマンスした。中でも東日本大震災チャリティソング「HOLD MY HAND」では、SEAMO、HOME MADE 家族、nobodyknows+という名古屋出身アーティスト3組の生コラボが実現。そして迎えたグランドフィナーレでは、HOME MADE 家族が「このフェスをずっと続けていきたい」との決意を語り、出演アーティスト全員で「家族 Fes.」のテーマソングとも言える「We Are Family」を合唱した。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

HOME MADE 家族のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 HOME MADE 家族 / FLOW / 九州男 / TRICERATOPS / lecca / Aqua Timez / SEAMO / T.M.Revolution / nobodyknows+ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。