音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ダンケシェーン!ももクロ初のドイツ公演で熱い日本届ける

234

ドイツ・ドルトムントにて昨日9月9日に行われた「文化庁メディア芸術祭 ドルトムント展 2011」のプレオープンイベントに、ももいろクローバーZが出演。約50分におよぶライブパフォーマンスを披露した。

日独交流150周年認定事業の一環として、本日9月10日より10月2日まで実施される「文化庁メディア芸術祭 ドルトムント展 2011」。プレオープンイベントは日本時間の9月9日27:00より行われ、この模様はニコニコ生放送およびDOMMUNEにて生中継された。

今回が初の海外公演となったももクロは、冒頭から「行くぜっ!怪盗少女」「Chai Maxx」「ココ☆ナツ」と勢いのあるナンバーを連発した。おなじみの自己紹介ではドイツ語に挑戦した彼女たちだったが、ド忘れしてしまったり噛んでしまったりとしどろもどろ。MC担当・佐々木彩夏は「私たちはここドイツに熱い日本を持ってきました!」と日本語で力強く宣言。その後は「Z伝説 ~終わりなき革命~」「D'の純情」「ワニとシャンプー」「走れ!」「コノウタ」を歌い上げた。

新旧織り交ぜた人気曲満載のセットリストに、生中継を見守る日本のファンからは現地の観客をうらやむ声も。5人は普段とは異なる環境ながら、ヨーロッパ圏の音楽ファンに全力のパフォーマンスをアピールした。そして最後は、ゲストとしてVOCALOIDキャラクターの初音ミク&鏡音リンを呼び込み、スクリーンに投影された2人を交えて、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のラジオ版主題歌「最強パレパレード」のカバーを披露。この曲はももクロのライブレパートリーのひとつで、間奏の振り付けでは、ドイツでも変わらず“コマネチ”のポーズを決めた。

なお、ももクロの5人はこのドイツ滞在中に自らカメラを回し、テレ朝動画のレギュラー番組「ももクロChan」の撮影に挑んでいる。ドイツ珍道中の様子がどのような番組となるのか、ファンはこちらも楽しみにしておこう。

音楽ナタリーをフォロー