音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

日韓トップグループ出身ボーカルのコラボで極上バラード

42

韓国の国民的人気グループ・神話(シンファ)のリードボーカル、シン・ヘソンが10月5日に日本では初となるシングル「I Believe」を発売することが決定した。

現在のK-POPブームの礎を築いたグループの1つであり、韓国デビューから13年経った今も変わらぬ人気を誇る神話。そのメインボーカルを務めるシン・ヘソンは、美声と歌唱力が高く評価され韓国ではバラード歌手としての地位を確立している。

今回のシングル「I Believe」は清木場俊介が作詞を担当。シン・ヘソンは8月31日に発売されるソロアルバム「THE ROAD NOT TAKEN」でEXILEの「ただ…逢いたくて」をカバーしており、同曲をJ-POPの中で最も好きな曲として挙げている。この曲の作詞を手がけたのが当時EXILEでリードボーカルを担当した清木場だったことから、シン・ヘソンは彼に楽曲の作詞をオファーした。

2人は同い年であり、また6人グループのメインボーカルとしての活動を経て現在ソロアーティストとして活躍中であるという共通点もあり、すぐに意気投合。清木場の希望に満ちた前向きな歌詞と、美しくもどこか懐かしいメロディによるバラードが完成した。

シン・ヘソン コメント

普段からEXILEさんの「ただ…逢いたくて」を好きで、楽しく歌っています。EXILEスタイルの音楽が好きです。日本で発表する作品では日本のアーティストと一緒にコラボレートしたいと思いました。特に「ただ…逢いたくて」を作詞した清木場俊介さんと一緒にしたいと思ってコラボのオファーをさせていただいたところ、快く受け入れてくれました。歌詞も書いてくださってとても感謝しています。今回のプロジェクトを機会として、今後も長期的に良い関係で音楽的にも良い友達になることができたらと思っています。

清木場俊介コメント

作詞の依頼ということに正直驚きましたが、光栄なことでありますし、僕にとってもせっかくの機会でもありましたので、楽曲も同時に提案させていただきました。武道館のライブで初めてお会いさせていただき、握手してみると、一見柔らかな印象に思えたのですが目標に向かってやり抜く強さを併せ持った人物のように感じました。楽曲はシン・ヘソンさんの印象をそのままに、内容としては男女の恋愛に例えてありますが、生きていく強さと思いを表現してみました。ぜひ、ライブで共演してみたいと思います。

音楽ナタリーをフォロー