音楽&講義フェス「ぼくらの文楽」にレキシ、キセルら追加

117

山形・古代の丘縄文村で9月17日と18日に開催される音楽フェスティバル「ぼくらの文楽」の追加出演アーティストが発表された。

「ぼくらの文楽」キービジュアル

「ぼくらの文楽」キービジュアル

大きなサイズで見る

「ぼくらの文楽」は音楽ステージと講義ステージの2ステージ制で、講義ステージではさまざまなジャンルの専門家が講師となって授業を行うという異色のフェスティバル。今回の発表では、音楽ステージの出演者として新たにレキシキセル、そしてポーランドの3人組ジャズバンドPINK FREUDが追加された。

9000円の早割2日通し券は6月15日まで発売中。チケットの一般発売は6月20日よりスタートし、山形県長井市民割引も用意される。

ぼくらの文楽

2011年9月17日(土)、18日(日) 山形県 長井市・古代の丘縄文村
<出演アーティスト>
Qurage / 栗コーダーカルテット / コトリンゴ / タテタカコ / たむらぱん / DE DE MOUSE / トクマルシューゴ / 七尾旅人 / Laika Came Back / LITTLE CREATURES / レキシ / キセル / PINK FREUD

<出演講師>
飯沢耕太郎(きのこ文学研究家 / 写真評論家)/ 飯田仁一郎(音楽配信サイトOTOTOYチーフプロデューサー / Limited Express (has gone?))/ 菅野芳秀(レインボープラン推進協議会元会長)/ 鴻崎正武(東北芸術工科大学 洋画コース講師 / 絵描き)/ 齋藤真知子(レインボープラン推進協議会会長)/ 笹尾千草(ココラボラトリー代表)/ 高田彩(birdoflugas代表・ビルドスペース運営)/ 三浦秀一(東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科准教授)/ 三瀬夏之介(東北芸術工科大学日本画コース准教授 / 絵描き)/ 宮本武典(東北芸術工科大学美術館大学センター講師・主任学芸員)/ 山崎裕(こども昆虫教育推進者・尚絅学院大学)/ and more

栗コーダーカルテットのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 栗コーダーカルテット / コトリンゴ / タテタカコ / たむらぱん / DE DE MOUSE / トクマルシューゴ / 七尾旅人 / Laika Came Back / LITTLE CREATURES / Limited Express (has gone?) の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。