JAYWALKから中村耕一脱退「ゼロからスタートしなければ」

41

JAYWALKのボーカル中村耕一が、本日3月10日付けでバンドを脱退したことが発表された。

写真は2009年発売のアルバム「STORIES」ジャケット。

写真は2009年発売のアルバム「STORIES」ジャケット。

大きなサイズで見る

中村は昨年3月に東京都港区西麻布の路上で職務質問を受けた際、覚醒剤を所持していたためその場で現行犯逮捕。5月の判決公判では懲役2年、執行猶予4年の有罪判決が確定した。現在は判決後に通い始めたクリニックの通院を継続し、社会復帰を目指している。

これを受け、中村は所属事務所である株式会社フリーウェイとの合意のもと、本日付けでバンドを脱退。今後は知久光康、杉田裕、中内助六、田切純一、浅川昌輝の5人でバンドを存続していく。

中村耕一 コメント

この度、私、中村耕一は、所属事務所である株式会社フリーウェイとの合意のもと、JAYWALKを脱退することにいたしました。

事件を起こしてしまってから1年が経過しました。この事件により、メンバーや所属事務所をはじめ関係者の方々、そしてファンのみなさんに多大なるご迷惑をお掛けしてしまいました。取り返しのつかないこととはいえ、今更ながら自分の犯してしまった罪の重さを痛感しています。JAYWALKは長きにわたって続けてきたバンドであり、本当にい ろいろな想いがあります。しかし、自分が背負わなければならないこの重い責任は「脱退」 という形で取るべきと以前より考えておりました。

将来また音楽をはじめることができるにしてもすべてゼロからスタートしなければならな いと思ったのです。

JAYWALKに復帰することを待ち望んで下さったファンの方々の気持ちは本当に嬉しく思っています。大変申し訳ありません。

現在、判決後通い始めたクリニックの通院を継続し、反省を重ねながら、社会復帰に向けて一日一日を大切に過ごしています。

判決の後でお話ししたとおり、私の取り柄は音楽しかありません。いつまたみなさまの前で歌うことができるのかは分かりませんが、将来その日が来たときにはどうぞよろしく お願い申し上げます。

JAYWALK 知久光康 杉田裕 中内助六 田切純一 浅川昌輝 コメント

皆様に悲しいご報告があります。

平成23年3月10日でボーカル中村耕一が JAYWALK を脱退することとなりました。6人全員で再びステージに立つ日を心待ちにして下さっていたファンの皆様には 本当に申し訳なく思っております。

中村耕一と一緒に、歌い、笑い、泣いて、共に過ごした30年間は、言葉では言い尽くせない、思い出がいっぱいですが、中村耕一の意志を尊重する決断を致しました。 ファンの皆様も、中村耕一が脱退に至るまでの心の葛藤をご理解頂ければと思います。

昨年は、ほんとうであれば結成 30周年という素晴らしい一年をファンの皆様と一緒に過ごすはずでした。 残されたメンバー、スタッフは、このような結果となってしまい、とても悲しい想いでいっぱいです。

けれど、JAYWALK が生みだしてきた楽曲は、今も、決して輝きを失っていないと信じています。

今後、残されたメンバーは JAYWALKとしてファンの皆様に愛されてきた楽曲たちを、これからも歌い続ける事は許されるでしょうか。

皆様のJAYWALKの楽曲を愛する心が支えとなります。 メンバー、スタッフ共々、一層努力してまいります。これからも、JAYWALK を宜しくお願い致します。

THE JAYWALKのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 THE JAYWALK の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。