HiGH&LOW×宝塚歌劇!SWORD誕生前夜のコブラの悲恋描く宙組公演

59

4920

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 3114 1722
  • 84 シェア

LDH JAPANと宝塚歌劇団のコラボレーションが決定した。

真風涼帆 (c)宝塚歌劇団

真風涼帆 (c)宝塚歌劇団

大きなサイズで見る

このコラボレーションでは2022年に2作品の上演が決定。第1弾として6月に東京・東京ガーデンシアターにて、宙組トップスターの真風涼帆のリサイタル「FLY WITH ME」が上演される。このリサイタルはLDH JAPANのライブの企画・演出を手がけるクリエイティブチーム・TEAM GENESISがプロデュースを担当。劇場全体を「空港」および「宙(ソラ)」に見立て、「Love(愛)」「Dream(夢)」「Romance(浪漫)」「Happiness(幸せ)」を壮大なコンセプトのもとで届ける。構成および演出は野口幸作が務める。

コラボ第2弾は8月から兵庫・宝塚大劇場、東京・東京宝塚劇場で上演される宙組公演「HiGH&LOW -THE PREQUEL-」。この作品ではLDH JAPANによる人気プロジェクト「HiGH&LOW」の前日譚をオリジナル脚本で描く。物語の舞台は伝説のチーム・ムゲンの解散から数カ月後、SWORD地区と呼ばれる5つのチームが誕生する前夜。SWORDの一角を担う山王連合会のリーダー・コブラは1人の女性と恋に落ちるが、2人の間には抗うことのできない運命が待っていた。

コブラはオリジナル版の「HiGH&LOW」では岩田剛典(EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が演じていた役どころ。守るべき女性と守るべき街の間で葛藤する男たちの愛と戦いの物語が、宝塚の舞台で繰り広げられる。本作の構想はLDH JAPANの平沼紀久渡辺啓が担当。脚本と演出は野口が手がける。

SUZUHO MAKAZE SPECIAL RECITAL @TOKYO GARDEN THEATER「FLY WITH ME」Produced by TEAM GENESIS from LDH JAPAN

2022年6月10日(金)~12日(日)東京都 東京ガーデンシアター

TAKARAZUKA MUSICAL ROMANCE「HiGH&LOW -THE PREQUEL-」

2022年8月~9月 兵庫県 宝塚大劇場
2022年10月~11月 東京都 東京宝塚劇場
※3時間公演のうちの前半1時間35分で上演。後半に55分の宝塚オリジナルショー「ファッシーノ・モストラーレ『Capricciosa!!』」を上演。

全文を表示

読者の反応

タカラヅカ歌劇ポータル │ 宝塚歌劇・宝塚OG情報を発信中 @zukazuka_info

HiGH&LOW×宝塚歌劇!SWORD誕生前夜のコブラの悲恋描く宙組公演 https://t.co/G4mTbAhTlQ

コメントを読む(59件)

関連記事

宝塚歌劇団のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 宝塚歌劇団 / 真風涼帆 / 平沼紀久 / 渡辺啓 / 野口幸作 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。