SMTOWN LIVEに2万4000人熱狂、東京ドーム追加公演も

201

韓国の音楽事務所、S.M.Entertainmentが主催するフェスティバル「SMTOWN LIVE」の初の日本公演「SMTOWN LIVE in TOKYO」が1月25日・26日、東京・国立代々木競技場第一体育館にて行われた。

「SMTOWN LIVE in TOKYO」の様子。

「SMTOWN LIVE in TOKYO」の様子。

大きなサイズで見る(全13件)

東方神起(写真左からチャンミン、ユンホ)

東方神起(写真左からチャンミン、ユンホ)

大きなサイズで見る(全13件)

少女時代

少女時代

大きなサイズで見る(全13件)

SHINee(ジョンヒョンは足の治療のため欠席)

SHINee(ジョンヒョンは足の治療のため欠席)

大きなサイズで見る(全13件)

BoA

BoA

大きなサイズで見る(全13件)

「SMTOWN LIVE」は2008年に韓国・中国・タイなどで初開催され、今年はアジアを飛び出しアメリカ・ロサンゼルスでも公演が行われた一大イベント。初の日本開催となった代々木公演では、KANGTA(カンタ)、BoA東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代SHINee、f(x)、J-Min72といったそうそうたる面々が、連日3時間半にわたり熱いパフォーマンスを繰り広げた。

26日の公演では、トップバッターを72が担当。透明感ある歌声で「こわくない」を熱唱し、観客を魅了した。その後もJ-MinやKANGTA、f(x)など個性的なアーティストが次々に登場。客席一面がペンライトでピンク色に染まる中、SHINeeの登場で会場の熱気は一気にヒートアップした。SHINeeは「Stand by me」を日本語バージョンで歌唱すると、改めて今年の春にEMI Music Japanから正式に日本デビューすることをファンに報告した。

SHINeeに続いてステージに現れたのは、昨年8月の日本デビューからまたたく間にトップアーティストの仲間入りを果たした少女時代。先日配信リリースされた「Run Devil Run」日本語バージョンや「Hoot」「Kissing You」といった楽曲で客席を盛り上げた。

ライブ中盤ではSUPER JUNIORやBoAがパフォーマンスを披露。今年日本デビュー10周年を迎えるBoAはダンサー6人を従え、貫禄ある歌とダンスで観客を圧倒した。「ひさしぶりに日本のみなさんにお会いできてうれしいです」と語った彼女は、アメリカデビューアルバムから「I did it for love」を歌唱。この曲ではキー(SHINee)をフィーチャーし、これまでとはひと味違った表情でファンを驚かせた。

この「SMTOWN LIVE in TOKYO」では、さまざまなアーティスト同士によるコラボレーションも見どころのひとつ。この日もヒチョル(SUPER JUNIOR)やヘンリー(SUPER JUNIOR-M)らによるヘビーロックチューン「誘惑のソナタ」、ウニョク&シンドン(SUPER JUNIOR)とミンホ&キー(SHINee)という4MCでの「A-Yo」、リョウク&イェソン(SUPER JUNIOR)とオンユ(SHINee)による「千の風になって」のカバーなど、数々の魅力的なコラボレーションで観客を楽しませた。

ライブ終盤になると、ついに東方神起がステージに登場。鐘の音とともに上空から現れたユンホとチャンミンの姿に、会場からは割れんばかりの歓声が鳴り響いた。2人はそのままワイヤーでメインステージへ移動し「Maximum」を歌い始めると、観客はさらに熱狂。そんなファンに向けて、チャンミンは「待ちに待った日本でのライブで今日は緊張していたんですけど、みなさんの声援で楽になりました」と笑顔で語りかけた。そしてユンホが「これから日本での活動をがんばっていきますので、応援よろしくお願いします」と言うと、この日リリースされたばかりのニューシングル「Why? (Keep Your Head Down)」をパフォーマンス。彼ららしさ全開のアグレッシブなダンスナンバーに、会場に集まった1万2000人の観客は酔いしれた。

3時間半にわたる一大イベントのラストナンバーは、出演アーティスト全員がひとつになって歌う「光」。心があたたかくなるこの曲で、会場は笑顔に包まれた。

なお、40万人以上もの応募が殺到した今回の「SMTOWN LIVE in TOKYO」は好評を受け、4月9日・10日に東京ドームで追加公演が開催されることも決定。1月28日からはチケットの抽選受付がスタートする。

「SMTOWN LIVE in TOKYO」2011年1月26日(水)
国立代々木競技場第一体育館 セットリスト

01. こわくない (Japanese) / 72
02. Shine (Japanese ver.) / J-Min
03. 泣いてもいいですか / J-Min
04. LA chA TA / f(x)
05. Tik Tok / Jessica, Krystal
06. Chu / f(x) feat. Minho
07. Polaris+Pine Tree / KANGTA
08. 7989 / KANGTA, Sulli
09. Stand by me (Japanese ver.) / SHINee
10. Replay / SHINee
11. Juliette / SHINee
12. 另一个天堂(リョンイルゲチョンダン) / Zhoumi, Luna
13. 誘惑のソナタ / Heechul, Henry, Jungmo, Taemin
14. 心を込めて呼んだら / Kyuhyun, Seohyun
15. A-Yo / Eunhyuk, Minho, Key, Shindong
16. Run Devil Run (Japanese ver.) / 少女時代
17. Hoot / 少女時代
18. Kissing You / 少女時代
19. 美人 (BONAMANA) / SUPER JUNIOR
20. Super Girl / SUPER JUNIOR(+Zhoumi&Henry, Heechul除く)
21. Dancing Out / SUPER JUNIOR
22. My name / BoA
23. I did it for love / BoA, Key
24. Sorry Sorry / SUPER JUNIOR
25. Genie (Japanese ver.) / 少女時代
26. RING DING DONG / SHINee
27. NU ABO / f(x)
28. A Man In Love / SUPER JUNIOR
29. 好き / KANGTA
30. Mr.Boogie / f(x)
31. Don't Don / SUPER JUNIOR(+Zhoumi&Henry, Jungmo)
32. Ready or Not / SHINee
33. 頑張れ! (Way To Go) / 少女時代
34. Oh! / 少女時代
35. 千の風になって (Japanese ver.) / Onew, Ryeowook, Yesung
36. Dance Parade / Eunhyuk, Donghae, Shindong, Minho, Taemin, Hyoyeon, Yoona, Yuri, Sooyoung, Victoria, Luna
37. Copy&Paste / BoA
38. I See Me (Japanese ver.) / BoA
39. Energetic / BoA
40. Maximum (Japanese ver.) / 東方神起
41. 信じたくない話 (How Can I) / 東方神起
42. 東方神起(TVXQ!)Medley / 東方神起
43. Why? (Keep Your Head Down) (Japanese ver.) / 東方神起
44. Lucifer / SHINee
45. Gee (Japanese ver.) / 少女時代
46. U / SUPER JUNIOR
47. Somebody to love (Japanese ver.) / 東方神起
48. Hurricane Venus / BoA
49. 光 / All Artists

「SMTOWN LIVE in TOKYO」追加公演

2011年4月9日(土)東京都 東京ドーム
OPEN 15:00 / START 17:00

2011年4月10日(日)東京都 東京ドーム
OPEN 14:00 / START 16:00

料金:座席指定 12800円
<出演者>
KANGTA / BoA / 東方神起 / SUPER JUNIOR / 少女時代 / SHINee / f(x) / J-Min / and more

この記事の画像(全13件)

BoAのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BoA / 東方神起 / 少女時代 / SHINee / J-Min / 72 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。