元レペゼン地球のDJ社長、新たな団体「Repezen Foxx」始動を発表

1652

レペゼン地球のYouTubeチャンネルに、DJ社長によるコメント動画の第2弾が公開された。

DJ社長が登場するYouTube動画「今後の活動についてお話しさせてください」より。

DJ社長が登場するYouTube動画「今後の活動についてお話しさせてください」より。

大きなサイズで見る(全4件)

昨日6月1日にDJ社長がレペゼン地球の解散の真相に語る動画「本当のレペゼン地球 解散の経緯について」が公開され、SNS、YouTubeを中心に大きな話題を集めた。その内容は株式会社Life Groupの出資者にして、経理担当である人物・H氏とのトラブルに関連したもの。レペゼン地球の解散前にLife Groupの代表職を失ったDJ社長は、レペゼン地球の商標権、楽曲の権利などがすべてH氏のものになっていることについて、裁判で係争中であることを伝えた。

新団体「Repezen Foxx」を立ち上げたCandy Foxxメンバー。

新団体「Repezen Foxx」を立ち上げたCandy Foxxメンバー。[拡大]

今回の動画の話題の中心は今後の活動について。DJ社長をはじめ、元レペゼン地球のメンバーは今年1月にCandy Foxxを始動。Candy Foxxは音楽活動をするためではなく、映像作品を作るためのプロジェクトであるという。そこで音楽を続けるにあたって新しい団体名義が必要になり、新たに「Repezen Foxx」(レペゼンフォックス)を立ち上げることを発表した。DJ社長は動画の中でレペゼン地球と名乗れない悔しさを口にしつつ、「Repezen Foxxをよろしくお願いします!」と述べた。Repezen Foxxは“世界一”を目指して本日6月2日より活動していく。

この記事の画像・動画(全4件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。