WANIMA、東京2020主催プログラムに楽曲提供「大きな『輪』になるよう歌えたら」

390

WANIMAが、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)による「東京2020 NIPPONフェスティバル」の主催プログラム「わっさい」に楽曲提供を行う。

「わっさい」キービジュアル

「わっさい」キービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

WANIMA

WANIMA[拡大]

「わっさい」は東京2020オリンピックの公式文化プログラム「東京2020 NIPPONフェスティバル」の1つ。オリンピック・パラリンピックをアスリートだけでなく、誰もが交流できる場と位置付け、「みんなでバーチャルに『わ』になり歌って踊って、一生モノの思い出をつくりましょう。全人類に、祝福を」というコンセプトのもと、オンラインで開催されるイベントだ。

「わっさい」ロゴ

「わっさい」ロゴ[拡大]

WANIMAが「わっさい」に提供したのは、昨年8月にNHK総合で放送の「シブヤノオト Presents WANIMA LIVE SPECIAL」にて披露された楽曲「和心」。温かみのあるメロディが印象的で、アレンジには和楽器が用いられている。メンバーを代表してKENTA(Vo, B)は「『和心』と『わっさい』で生まれる『和』が世界の皆さんに届き、大きな『輪』になるよう歌えたら幸いです」とコメントしている。なお「わっさい」のオフィシャルサイトでは「和心」を使用したダンス動画を公開中。振り付けはアオイヤマダと高村月が手がけている。

この記事の画像(全3件)

KENTA(Vo, B) コメント

「和心」を東京2020 NIPPONフェスティバル「わっさい」に提供できる事となり非常に嬉しく思っております。日々状況が変わる生活の中ではありますが変わらず日本に溢れる和の心を大切にしたいと思いました。
少しでも和を感じて頂けるように和楽器奏者の皆さんの力をお借りして曲が出来上がりました。「和心」と「わっさい」で生まれる「和」が世界の皆さんに届き、大きな「輪」になるよう歌えたら幸いです。

わっさい

2021年7月18日(日)18:00~
※オンライン生配信

全文を表示

関連記事

WANIMAのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 WANIMA の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。