B.O.L.T「BOLTSPRING」を春の風物詩に!2ndシングルより「OUR COLOR」初披露

302

B.O.L.Tが昨日4月18日に東京・KANDA SQUARE HALLでワンマンライブ「BOLTSPRING 2021」を開催した。

B.O.L.T「BOLTSPRING 2021」第2部の様子。(撮影:笹森健一)

B.O.L.T「BOLTSPRING 2021」第2部の様子。(撮影:笹森健一)

大きなサイズで見る(全40件)

「BOLTSPRING」は毎春の恒例企画としてB.O.L.Tが今年立ち上げたイベント。春らしいステージや、バネのように弾けたパフォーマンスを届けることをコンセプトにしている。今回はメンバーの青山菜花と白浜あやが今年4月に中学1年生となったこと、昨年秋の一時休養以降ダンスパフォーマンスを制限していた高井千帆が完全復活したこともトピックとなり、小学校の同窓会”をテーマにした特別イベントを経てライブ本編の第1部、第2部が行われた。

第1部

高井千帆(撮影:笹森健一)

高井千帆(撮影:笹森健一)[拡大]

1部ではB.O.L.Tの4人が5月19日にリリースする2ndシングル「スマイルフラワー」のワンピース風衣装を身にまとってステージへ。Misaki(SpecialThanks)が手がけた2ndシングルの表題曲をさわやかに歌ってライブの幕を開け、続く「夜更けのプロローグ」の曲中にはファンとともに力強く拳を突き上げた。自己紹介では高井の「完全復帰してから単独ライブはこれが初めてなので、たくさんみんなと一緒に暴れて楽しみたいと思います!」という言葉に対し、客席から万雷の拍手が沸き起こる。また「スーパースター」「axis」といったファルセットで聴かせる曲が続いたブロックが終わると、青山と白浜が中学校でのエピソードトークに花を咲かせる。最近覚えた理科の単語を聞かれた青山は「哺乳類!」と答えてファンを和ませた。

B.O.L.T「BOLTSPRING 2021」第1部の様子。(撮影:笹森健一)

B.O.L.T「BOLTSPRING 2021」第1部の様子。(撮影:笹森健一)[拡大]

その後、B.O.L.Tは明るい雰囲気のアッパーチューン「BON-NO BORN」「寝具でSING A SONG」を畳みかけ、より一層会場を盛り上げていく。花畑を舞台にした「スマイルフラワー」のMV撮影時のエピソードを語ったあとは、2ndシングルのカップリング曲「OUR COLOR」を予告なしで初披露し、ファンを驚かせた。高井は安堵の表情を浮かべ、「初披露ってやっぱりドキドキするね。これからファンの皆さんと一緒に曲を育てていけたらと思います」と挨拶。アンコールではライブTシャツを着た4人が「星が降る街」や「宙に浮くぐらい」でファンと一緒にジャンプしたり、腕を左右に振ったりして会場に一体感を生み出したのち、1stシングル「Don't Blink」を第1部のラストナンバーとしてパフォーマンスした。

第2部

リコーダーとピアニカでセッションする白浜あやと青山菜花。(撮影:笹森健一)

リコーダーとピアニカでセッションする白浜あやと青山菜花。(撮影:笹森健一)[拡大]

2部ではメンバーが制服風の衣装に身を包んでパフォーマンスを繰り広げる。ライブ中盤には今年3月の「SHAONKAI~あやなの(小6)小学生ラストライブヤリマス!!!!~」で披露された「決意の小6ピアニカ・リコーダーセッション」が再演され、青山と白浜がピアニカとリコーダーでB.O.L.Tの楽曲のメドレーを演奏。今回もセッションは大成功に終わり、場内が温かい拍手で包まれた。その次のブロックでは内藤るなと高井がB.O.L.Tの前身グループ・ロッカジャポニカ時代の楽曲「タンバリン、凛々」「ぶっちぎりデイズ!!」を歌ってファンを喜ばせる。2人とともにこの2曲をパフォーマンスした青山は「もっと踊れるようになりたい」、白浜は「このカバーを通して2人に近付くことができたと思う」と意気込みや達成感を言葉にした。

白浜あや(撮影:笹森健一)

白浜あや(撮影:笹森健一)[拡大]

4月11日に13歳の誕生日を迎えた白浜に向けて小幡康裕(コアラモード.)からのお祝いコメントが流れたあとには、事前に録音された小幡のピアノ演奏に合わせて白浜が「はじめてのチュウ」をソロで歌唱。この演出は先日テレビ番組で小幡と共演したことを受けて実現したもので、曲が終わるとメンバーは「やったー! やったー! やったよー! あやちゃんの大好きなオレンジがいっぱいできれい!」と大興奮し、白浜も「皆さんがオレンジのサイリウムで応援してくれて、自信を持って歌うことができました!」と満面の笑みに。ステージにはサプライズでバースデーケーキが運び込まれ、メンバーはファンとともに白浜の誕生日をお祝いした。またアンコールでは「はじめてのチュウ」を英語詞のロックナンバーにアレンジしたHi-STANDARD「My First Kiss」がカバーされ、場内の熱気がさらに上昇。高井は「完全復帰して初の単独ができてうれしさと体力面での不安がありましたが、1回1回が特別なライブになるように、皆さんに最高なものを届けたいなと思っていました。B.O.L.Tの芯の部分を考えさせられて、大きな1歩になったライブでした」とライブの感想を述べ、白浜も「今日ここまで来るのに苦戦したり不安があったけど、メンバーや先生たちが支えてくれて、皆さんが応援してくれているからやりきることができました」と挨拶。最後にB.O.L.TはこれまでとこれからのB.O.L.Tの歩みを感じてほしいという意味を込めて「足音」を披露し、大盛況のうちに「BOLTSPRING」の初回を締めくくった。

この記事の画像(全40件)

B.O.L.T「BOLTSPRING 2021」2021年4月18日 KANDA SQUARE HALL セットリスト

第1部

01. スマイルフラワー
02. 夜更けのプロローグ
03. スーパースター
04. axis
05. SLEEPY BUSTERS
06. 足音
07. わたし色のトビラ
08. BON-NO BORN
09. 寝具でSING A SONG
10. 淡い空
11. OUR COLOR
12. ここから
<アンコール>
13. 星が降る街
14. 宙に浮くぐらい
15 Don't Blink

第2部

01. BON-NO BORN
02. 宙に浮くぐらい
03. Don’t Blink
04. SLEEPY BUSTERS
05. axis
06. 決意の小6ピアニカ・リコーダーセッション
07. タンバリン、凛々
08. ぶっちぎりデイズ!!
09. 淡い空
10. はじめてのチュウ
11. スマイルフラワー
12. 寝具でSING A SONG
<アンコール>
13. My First Kiss
14. OUR COLOR
15. 星が降る街
16. 足音

全文を表示

B.O.L.Tのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 B.O.L.T / コアラモード. の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。