メイミとカノンによるユニット・花泥棒が始動

2125

メイミとカノンによるユニット・花泥棒が結成された。

花泥棒

花泥棒

大きなサイズで見る(全9件)

メイミ(左)とカノン(右)。

メイミ(左)とカノン(右)。[拡大]

花泥棒はメイミとカノンがセルフプロデュースする完全自主プロジェクト。企画や運営にはLEBECCA boutiqueのディレクター・赤澤えるとグラフィックデザイナーのYOPPYによるクリエイティブユニット・THE MIDNIGHT REHEARSALが参加している。本日4月1日には、花泥棒のTwitter公式アカウントに「みんなに夢を届けるため、私たちデビューします!メイミ・カノン」というメッセージが2人の写真とともに投稿された。

「花泥棒2021年カレンダー」ビジュアル

「花泥棒2021年カレンダー」ビジュアル[拡大]

花泥棒は今後、東京・日本武道館でライブを行うことを目標に音楽活動を展開するほか、グラビアや広告分野での活動も予定している。メイミとカノンは「花泥棒を泥棒してくれるいろんな人たちと、さまざまなジャンルで化学反応を起こしていきたい」とコメントしている。

オフィシャルグッズの制作も進行中で、ファンの反応を見て今後のリリースを検討するとのこと。現状Twitterアカウントでは「花泥棒2021年カレンダー」のビジュアルが公開されている。

この記事の画像(全9件)

全文を表示

※記事初出時、本文に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。