さとうもかの大好きなラジオ盛り込んだ配信ライブ、魔法をかけたりメジャーデビューを報告したり

162

さとうもかのオンラインライブ「Sugar Science Station」が3月19日にZAIKOで配信された。

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)

大きなサイズで見る(全18件)

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)[拡大]

ラジオが大好きなさとうはこの日、ラジオの要素を取り入れたライブを企画。当日は自身がパーソナリティを務める架空のラジオ番組が密着しているという設定のもと、さとうはラジオスタジオ風のセットで事前に撮影した映像を交えてパフォーマンスを行った。

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)[拡大]

開演直前に自身のInstagramアカウントで配信を開始したさとう。「やっほー!」とカメラに向かって手を振り、緊張している様子を見せながらも、笑顔で今回の公演に対する意気込みを語った。そしてさとうが水を飲んだり深呼吸をして緊張をほぐしているうちに、公演の配信がスタート。画面にはラジオDJに扮したさとうの映像が流れ出し、彼女が流暢にライブを進行していく。一方インスタライブの画面には、本番が始まったことに気付き「やばい! やばい!」と慌てるさとうの姿が。そのまま1曲目「Glints」のイントロが流れ出すと、さとうがスマートフォンを手に自撮りしながら歌唱する様子がZAIKOとInstagramで同時に配信された。

スマートフォンでインスタライブを配信しながら「Glints」を歌うさとうもか。(Photo by nishinaga "saicho" isao)

スマートフォンでインスタライブを配信しながら「Glints」を歌うさとうもか。(Photo by nishinaga "saicho" isao)[拡大]

1曲目を歌い終え、「続きはWebで!」とインスタライブを終了したさとうは、今回の企画を自身がどれほど楽しみにしていたかを語る。おもむろにスタジオに置かれたキーボードの前に腰掛けると、軽快なリズムで鍵盤を叩きながら「今日はみんな集まってくれてありがとう。今は画面越しでしか会えないけど、今日は自分の人生でまたとない日だから、こうして一緒に過ごせてうれしいです」とコメントし、2曲目「old young」を歌い上げた。そして「今日はみんなを魔法の世界に誘おうと思います」とギターを肩に掛けると、魔法のステッキをサッと取り出しひと振り。ギターでボサノバ調のフレーズを奏でつつ、チャーミングな歌声で「orange」を響かせた。

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)[拡大]

「パーマネント・マジック」でパラパラを踊るさとうもか。(Photo by nishinaga "saicho" isao)

「パーマネント・マジック」でパラパラを踊るさとうもか。(Photo by nishinaga "saicho" isao)[拡大]

続いてさとうは、ハンドマイクでメロウな「Poolside」を歌い、再びギターを手に「Lukewarm」「ラムネにシガレット」をパフォーマンス。またディスコ調のナンバー「パーマネント・マジック」では、小気味よいステップを踏みながらこの曲恒例のパラパラを披露した。その後、公演はラジオコーナーに突入。ラジオDJ役のさとうが事前に募集したファンからのお便りを紹介したり、スタジオにいるさとう本人と中継をつないで「アイスのマンボ」の生パフォーマンス中にアイスの大食いにチャレンジするといった企画が届けられた。中盤に差し掛かると、さとうは椅子やクマのぬいぐるみが置かれた部屋風のセットに移動。それぞれ異なる視点で友達について歌った「友達」「My friend」や、主人公が同一人物の「melt summer」「melt bitter」などを情感豊かに披露した。

部屋のような空間でギターの弾き語りをするさとうもか。(Photo by nishinaga "saicho" isao)

部屋のような空間でギターの弾き語りをするさとうもか。(Photo by nishinaga "saicho" isao)[拡大]

大きなクマに寄り添いながら「melt bitter」を歌うさとうもか。(Photo by nishinaga "saicho" isao)

大きなクマに寄り添いながら「melt bitter」を歌うさとうもか。(Photo by nishinaga "saicho" isao)[拡大]

その後、さとうが再び魔法のステッキを振りかざすと同時に映像がモノクロに。それと同時に「歌う女」がスタートし、ジャジーなサウンドに身を任せ、ミュージカルさながらに身振り手振りを交えて歌う彼女の姿が、躍動感あふれるカメラワークで捉えられた。また曲中で、スタジオの外に出たさとうがバーカウンターで受け取ったドリンクをひと口飲み、再び部屋へと戻るとステージ前には見知らぬ長髪の女性が。さとうは自身に背を向ける女性の傍に歩み寄り、「私は私! どの姿もリアルよ」「変わるのは当たり前 こわがらないでよね」と口ずさみながら女性の髪と洋服を軽く引っぱってみせた。するとその人物のウィッグと衣装がするりと外れ、画面にはランニングシャツ姿の男性が。曲の最後にカメラが2人の周りをぐるぐると回りドラマチックな映像が流れると、会場は暗転。さとうの「また誰かの人生変えちゃったよー」とうれしそうなつぶやきがステージに響いた。

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)[拡大]

舞台に戻ったさとうは、「今まで音楽をしてきて、最初は部屋の中で1人で曲を作ったりしていたけど、どんどん仲間が増えていって」と切り出す。「いつも助けられてばっかりだし、応援してくれる人たちも優しくて……ちゃんと自分は何かを返せているのかなと思うときもあるけど、これからはもっと自信を持って進んでいきたい。みんなと一緒に楽しいことを体験したり、一緒に成長していけたらいいなと思います」「だから今はみんなにありがとうだし、これからもよろしくお願いします」と語りかけ、音楽をずっと続けていけるようにという思いを込めて制作したという曲「wonderful voyage」を丁寧に歌い上げた。

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)

さとうもか(Photo by nishinaga "saicho" isao)[拡大]

ライブ終盤で再びラジオコーナーが始まると、さとうが5月26日にユニバーサル ミュージック内のレーベル・EMI Recordsよりメジャーデビューすること、また同日にメジャー1stシングル「Love Buds」を発表することが明らかにされた。さらに、ライブ当日の3月19日に新たなオフィシャルサイトとLINE公式アカウント、彼女のスタッフが情報を発信する新たなTwitterアカウントが開設されたことも発表され、さとうは「やっと言えましたね。うれしい!」と笑みを浮かべながらコメント。その後、さとうはメジャーデビュー曲となる「Love buds」を初パフォーマンスし、切ない恋愛模様を描いたグルーヴィなナンバーを歌唱し公演の幕を下ろした。

ライブ後のさとうもか。(Photo by nishinaga "saicho" isao)

ライブ後のさとうもか。(Photo by nishinaga "saicho" isao)[拡大]

なおZAIKOでは、「Sugar Science Station」のアーカイブ映像を明日3月22日23:59まで配信中。配信チケットは3月22日20:00まで販売されている。またYouTubeでは、この公演のダイジェスト映像および「melt bitter」のパフォーマンス映像が期間限定で公開されている。

この記事の画像・動画(全18件)

さとうもか「Sugar Science Station」2021年3月19日 セットリスト

01. Glints
02. old young
03. オレンジ
04. Poolside
05. Lukewarm
06. ラムネにシガレット
07. パーマネント・マジック
08. アイスのマンボ
09. 友達
10. My friend
11. 愛ゆえに
12. Loop
13. melt summer
14. melt bitter
15. 歌う女
16. wonderful voyage
17. Love Buds

全文を表示

関連記事

さとうもかのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 さとうもか の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。