須田景凪、初ホールツアー東京公演でニューアルバムの世界観打ち出す

1114

須田景凪初のホールツアー「須田景凪 HALL TOUR 2021 "Billow"」の東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)公演が3月12、13日に行われた。

須田景凪(Photo by Takeshi Yao)

須田景凪(Photo by Takeshi Yao)

大きなサイズで見る(全11件)

「須田景凪 HALL TOUR 2021 "Billow"」は3月から開催されているホールツアー。2月に開催予定だった福岡、愛知公演は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて5月に延期開催される。ここでは追加公演として実施された3月13日公演の模様をレポートする。

須田景凪(Photo by Takeshi Yao)

須田景凪(Photo by Takeshi Yao)[拡大]

須田は今回のツアーの舞台セットとして、ステージ後方に大小さまざまな12個の立方体のオブジェを用意。ここにプロジェクターで楽曲の世界観を表現する映像を投影して、視覚的にも観客を楽しませた。開演時間を迎え、彼はサポートメンバーのモリシー(G / Awesome City Club)、雲丹亀卓人(B)、矢尾拓也(Dr / Nanakamba)とともに登場。オープニングナンバーとして2月発売のメジャー1stフルアルバム「Billow」の1曲目に配されている「Vanilla」をセレクトし、浮遊感のあるサウンドで一気にオーディエンスを自身の世界観に引き込んだ。続くナンバーは「飛花」。ギターを手にした須田は、新型コロナウイルスに対しての心情を落とし込んだこの曲のパフォーマンスを通して現在の思いやモードを伝えた。

須田景凪(Photo by Takeshi Yao)

須田景凪(Photo by Takeshi Yao)[拡大]

須田景凪(Photo by Takeshi Yao)

須田景凪(Photo by Takeshi Yao)[拡大]

その後、エキゾチックなイントロが印象的な「迷鳥」や香取慎吾に提供したポップナンバー「welp」のセルフカバーなど、遊び心のあるサウンドの楽曲が次々に披露された。「Carol」では立方体のオブジェに換気扇や配管が映し出されて、舞台がまるで部屋の中のように様変わり。須田はステージ上のソファに腰かけて優しい歌声を響かせた。「懐かしい曲をやります」という彼の前置きからパフォーマンスされたのは2016年に須田がバルーン名義で発表した楽曲「シャルル」。観客は中毒性のあるフレーズに合わせて力強くハンズアップした。ライブ終盤、須田はこれまでの熱のこもった歌声とは一転して、ヒヤリと落ち着いた声色で「Billow」に込めた思いを静かに語り、スケール感のあるストリングスアレンジのバラード「ゆるる」を披露した。

「須田景凪 HALL TOUR 2021 "Billow"」東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)3月13日公演の様子。(Photo by Takeshi Yao)

「須田景凪 HALL TOUR 2021 "Billow"」東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)3月13日公演の様子。(Photo by Takeshi Yao)[拡大]

アンコールではライブで歓声が出せない状況について、須田が「どうなるんだろうと思っていたけど、マスク越しでも皆さんの表情は意外とめちゃくちゃ見えているし、お互い楽しいライブができたのかなと思っています」と語り、観客は彼に温かい拍手を送った。須田は最後に「はるどなり」をパフォーマンス。ドラマチックに展開するメロディに乗せてステージには紙吹雪が優しく降り注ぎ、須田はこの曲をエモーショナルに歌い上げて本ツアーの東京公演を結んだ。

須田はこのあと、5月8日に福岡・福岡国際会議場、5月28日に愛知・愛知県芸術劇場で本ツアーの振替公演を開催する。

この記事の画像(全11件)

関連記事

須田景凪のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 須田景凪 / Awesome City Club の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。