アニメ「バクマン。」にHYDE登場!本人役で声優に挑戦

1

446

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 0 0
  • 202 シェア

NHK教育テレビで放送中のアニメ「バクマン。」とVAMPSがコラボレーション。2ndアルバム「BEAST」の収録曲「GET UP」を劇中歌として提供したほか、HYDE(Vo, G)が本人役で声優として出演することが明らかになった。

台本を手に“VAMPSピース”を決めるプロデューサー・HYDE(写真右)とKOOGY役の森久保祥太郎(写真左)。

台本を手に“VAMPSピース”を決めるプロデューサー・HYDE(写真右)とKOOGY役の森久保祥太郎(写真左)。

大きなサイズで見る(全18件)

写真はアフレコの様子。

写真はアフレコの様子。

大きなサイズで見る(全18件)

アニメ「バクマン。」に登場するHYDE。

アニメ「バクマン。」に登場するHYDE。

大きなサイズで見る(全18件)

アニメ「バクマン。」に登場するK.A.Z。

アニメ「バクマン。」に登場するK.A.Z。

大きなサイズで見る(全18件)

「バクマン。」は週刊少年ジャンプに連載中の大場つぐみ原作、小畑健作画のマンガをアニメ化した作品。マンガ業界の裏側を描いたリアルな青春ストーリーで高い人気を集めている。HYDEは劇中に登場するアーティスト兼マンガ家・KOOGYのプロデューサーという設定で出演。「GET UP」はKOOGYが歌う曲として提供され、オリジナルの英語詞に対しアニメではHYDEの書き下ろしによる日本語詞が使用されている。

本日12月13日には都内で、HYDEとKOOGY役を演じる森久保祥太郎による公開アフレコが実施された。HYDEはKOOGYの歌声を賞賛するシーンを演じ、プロデューサーらしい貫禄のある声を響かせた。

収録後の取材でHYDEは「自然にやってって言われたんですけど、できませんでした(笑)。緊張しました」と苦笑い。森久保は「自然にっていうのが一番難しいんですよね。でもHYDEさんの個性が出てて、アドリブのタイミングもばっちりでした」と語っていた。また、森久保は「GET UP」の日本語カバーについて「HYDEさんの表現方法を取り入れたいと必死でした」と振り返り、“プロデューサー”HYDEは「声優さんが歌うって聞いたとき、クセのある歌なので最初は正直『大丈夫なの?』って思ったんですが(笑)。できあがったのを聴いたら『うめえじゃん!』って驚いて、プロデューサーとしてはつまんなかったです(笑)」と笑わせていた。

もともとマンガの中でもVAMPSと同じギターやアクセサリーを使用していたKOOGY。HYDEは彼のキャラクターについて「ファンに教えてもらって知りました。もともと『DEATH NOTE』とか大好きだったんで、出てきたときは光栄でしたね。改めてジャンプ読んでみようと思いました」とコメント。今後の両者のコラボレーションの予定について、HYDEからの新たな曲提供を勧められると森久保は「お願いします!」と熱望。HYDEも「がんばります」と返していた。

HYDEが本人役で出演する回の放送日は、2011年1月17日発売の「週刊少年ジャンプ」誌面にて発表。なお、12月15日にリリースされるVAMPSのニューシングル「MEMORIES」カップリングには、「GET UP」日本語バージョンのHYDEによるセルフカバーが収録される。オリジナルとはまた異なる世界観を楽しんでみよう。

この記事の画像(全18件)

読者の反応

  • 1

音楽ナタリー @natalie_mu

アニメ「バクマン。」にHYDE登場!本人役で声優に挑戦 http://natalie.mu/music/news/41973

コメントを読む(1件)

関連記事

VAMPSのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 VAMPS の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。