V6長野博、ウルトラマンティガと25年ぶり再会

2374

1996年に放送された特撮番組「ウルトラマンティガ」の誕生25周年を記念したフィギュア「S.H.Figuarts(真骨彫製法)ウルトラマンティガ」の予約受付が3月8日にスタート。主人公マドカ・ダイゴを演じた長野博V6)を起用したこの商品のテレビCM「かつてティガになった君たちへ」篇が明日3月6日に公開される。

「S.H.Figuarts(真骨彫製法)ウルトラマンティガ」を持つ長野博(V6)。

「S.H.Figuarts(真骨彫製法)ウルトラマンティガ」を持つ長野博(V6)。

大きなサイズで見る(全10件)

「S.H.Figuarts(真骨彫製法)ウルトラマンティガ」

「S.H.Figuarts(真骨彫製法)ウルトラマンティガ」[拡大]

「ウルトラマンティガ」は毎日放送・円谷プロダクションが制作した特撮番組。長野が主人公ダイゴ役で出演し、オープニングテーマにはV6の「TAKE ME HIGHER」が使用された。同番組の25周年を記念した「S.H.Figuarts(真骨彫製法)ウルトラマンティガ」は、ヒーローとしての存在感とフィギュアとして自然可動域の両立を追求した新造形技術「真骨彫製法」を用い、当時のスーツアクター・権藤俊輔の体をスキャンするなど、造詣、可動、監修、彩色など徹底的にこだわって作られた可動フィギュアとなっている。

スーツアクター・権藤俊輔

スーツアクター・権藤俊輔[拡大]

本商品のCM撮影現場に登場した長野は、25年ぶりにウルトラマンティガと再会。スーツアクター権藤も加わった企画説明時、企画スタッフらと当時の思い出話で盛り上がった。CM撮影ではフィギュアを手に取って感慨深く見つめ、その出来栄えについてコメント。「かつてティガになった君たちへ……ティガー!!」と叫ぶシーンでは、25年前のダイゴ隊員を彷彿とさせる迫力ある演技を見せている。長野は当時を振り返り、「変身ポーズは、山の中で監督と2人で打ち合わせして決まりました」と知られざるエピソードを語った。

本日3月5日には長野がティガとの再会を果たし、感動する様子を収めたWeb動画「長野博 25年目の再会」篇がYouTubeで公開された。

この記事の画像・動画(全10件)

関連記事

V6のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 V6 / 長野博 / 権藤俊輔 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。