珠 鈴が映画で劇中歌として歌う新曲「生命」配信リリース

39

珠 鈴がニューシングル「生命 / 点の世界」を本日2月26日に配信リリースした。

映画「アポトーシス」ポスタービジュアル

映画「アポトーシス」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

シングルの収録曲のうち「生命」は、音楽と映画のコラボ映画祭「MOOSIC LAB[JOINT]2020-2021」のコンペティションへの参加作品「アポトーシス」の劇中歌。「アポトーシス」では監督を橋本根大が務めており、珠 鈴は映画に崎原中(さきはらなか)という役で出演している。YouTubeでは「生命」のミュージックビデオが公開されており、このMVでは映画と同じく橋本が監督を務めた。

この曲は映画の劇中で崎原中が歌唱する楽曲でもあり、珠 鈴は「崎原中は生きていることに理由なんていらないと言います。私自身そう思った事が無かったので、こんな考えもあるんだ。と教えてもらいました。生き方に正解は無いですが、この曲を通して一つ新しい気持ちを覚えてもらえたら嬉しいです」とコメントしている。

この記事の画像・動画(全5件)

珠 鈴 コメント

生命

映画「アポトーシス」で、私が演じた崎原中という人物が私自身に教えてくれたことを歌詞にしてみた曲です。
誰しも自分の生きる意味を探しながら、日々過ごしていると思います。そこに向かって全力で走っている人もいれば、上手くいかず悩んでいる人もいます。
でも、崎原中は生きていることに理由なんていらないと言います。
私自身そう思った事が無かったので、こんな考えもあるんだ。と教えてもらいました。
生き方に正解は無いですが、この曲を通して一つ新しい気持ちを覚えてもらえたら嬉しいです。

点の世界

皆さんには、知らない方が良かったことや
本当のことでも言わないで欲しかったな。と思うことはありますか?
気付いていなかったり、忘れていることもあるとは思いますが、誰もがそのような感情を抱いた事があるのかな、と思います。
そして、生きているだけである程度のルールになんとなく従って行くのが人間なのかなとも思います。
ですが、この曲の主人公はそんなものを気にせずに生きています。生まれた時のまま。
何も知らず、何も気にせず生きることは
羨ましくもあり、怖いことです。
なので、この主人公はこの曲の中だけで生きています。ぜひ覗いてみてください。

橋本根大監督 コメント

「好きに生きよう好きに生きよう ただそれだけでいいんだよ」「生命」の中で何度も使われるフレーズです。その言葉には希望や楽しさは感じられず、かといってマイナス的なイメージも持ちませんでした。人間が作り出してきた「意味」から外れた側からの言葉のように思えました。生きる価値を求め、色々な側面で考えなければいけなくなってしまった世の中から生まれる音楽とはまるでかけ離れた歌。
この歌を聴いて呼吸が軽くなる人がいると思います。
ただ流れる川のようにこの歌は流れます。

そんな歌を「記憶」として映像で伝えたいと思いました。この瞬間の珠鈴さんをいつまでも残せるように。そんな思いでこちらの映像を作りました。

全文を表示

珠 鈴のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 珠 鈴 / 橋本根大 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。