山中さわおがソロツアー初日で語ったステージに立つ理由「音楽が必要だからだろ」

784

山中さわおが12月16日に全国ツアー「NONOCULAR VIOLET TOUR」の初日公演を東京・渋谷CLUB QUATTROにて行った。

「NONOCULAR VIOLET TOUR」より。(写真提供:バッド・ミュージック)

「NONOCULAR VIOLET TOUR」より。(写真提供:バッド・ミュージック)

大きなサイズで見る(全10件)

「NONOCULAR VIOLET TOUR」より。(写真提供:バッド・ミュージック)

「NONOCULAR VIOLET TOUR」より。(写真提供:バッド・ミュージック)[拡大]

11月に今年3枚目のソロアルバム「Nonocular violet」が発売されたことを記念して行われているこのツアー。山中は、アルバムのレコーディングにも参加した千葉オライリー(Dr / THE BOHEMIANS)、安西卓丸(B / ex. ふくろうず)、木村祐介(G / ArtTheaterGuild)とともに、新型コロナウイルス感染拡大以降初となるライブを行った。

山中さわお(写真提供:バッド・ミュージック)

山中さわお(写真提供:バッド・ミュージック)[拡大]

山中が「言ってほしい?」ともったいぶりながら「ひさしぶりじゃないか」と定番の挨拶をすると、待ちわびていたかのような観客の割れんばかりの拍手の音に会場が包まれる。山中は「会いに来てくれてうれしいよ。ありがとう」と感謝の気持ちを言葉にし、ライブを進行。4人は今年リリースされたアルバムの収録曲を中心に、過去作の楽曲も交えつつ熱のこもったパフォーマンスを目の前のオーディエンスに届けた。ライブ中盤には、山中の「みんなは高いチケット代を払ってここに来ている。俺たちはそんなに儲からないのにやっている。なんでこんなことをやっているのかというと、音楽が必要だからだろ」という言葉に会場が湧き立つ場面も。

「NONOCULAR VIOLET TOUR」より。(写真提供:バッド・ミュージック)

「NONOCULAR VIOLET TOUR」より。(写真提供:バッド・ミュージック)[拡大]

ライブの終盤に山中は「今年はたくさんCDを作って、たぶんここに来ているような人たちはそれを購入してくれたと思っている。何が言いたいかというと、本当に助かったんだ。ありがとう」と再び観客への感謝の言葉を紡いだ。山中は客席から送られるあたたかな拍手の音をしばらく背中で浴び、ゆっくりとステージをあとにした。

この記事の画像(全10件)

NONOCULAR VIOLET TOUR(※終了分は割愛)

2020年12月20日(日)群馬県 高崎clubFLEEZ
2020年12月26日(土)栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2021年1月13日(水)東京都 KOENJI HIGH
2021年1月23日(土)新潟県 NIIGATA LOTS
2021年1月30日(土)東京都 下北沢CLUB Que
2021年2月4日(木)静岡県 LiveHouse 浜松 窓枠
2021年2月6日(土)広島県 広島CLUB QUATTRO
2021年2月7日(日)福岡県 DRUM LOGOS
2021年2月9日(火)鳥取県 米子 AZTiC laughs
2021年2月11日(木・祝)岡山県 YEBISU YA PRO
2021年2月13日(土)徳島県 club GRINDHOUSE
2021年2月19日(金)宮城県 Rensa
2021年2月21日(日)青森県 青森Quarter
2021年2月23日(火・祝)北海道 札幌PENNY LANE24
2021年2月26日(金)愛知県 DIAMOND HALL
2021年2月28日(日)大阪府 なんばHatch
2021年3月4日(木)東京都 LIQUIDROOM

全文を表示

関連する特集・インタビュー

山中さわおのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 山中さわお / the pillows / THE BOHEMIANS の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。