Travis Japan七五三掛龍也が映画「ライアー×ライアー」出演、同期・松村北斗の友人演じる

3427

七五三掛龍也Travis Japan / ジャニーズJr.)が、2020年春公開の映画「ライアー×ライアー」に出演することが発表された。

七五三掛龍也 (c)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (c)金田一蓮十郎 / 講談社

七五三掛龍也 (c)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (c)金田一蓮十郎 / 講談社

大きなサイズで見る(全4件)

「ライアー×ライアー」は松村北斗SixTONES)と森七菜がダブル主演を務める映画で、金田一蓮十郎による同名マンガを実写化した作品。潔癖症の地味系女子大生・湊と、両親の再婚で湊の義理の弟となった女癖の悪いクール系モテ男・透の関係が描かれる。七五三掛は、透の友人・桂孝昭役として出演。撮影を振り返り、「透役の北斗とは同じ事務所の同期なのでその点コミュニケーションをとりやすく何度か助けられました! 原作でもみんなから愛されるようなキャラクターですが、映画を通して更に愛されるようなキャラクターになっていければと思っています」とコメントしている。

また湊と透の母親・ひとみを相田翔子、父親・紀行を竹井亮介、湊が所属するサークル「歴史文化研究会」の部長・川西純太を板橋駿谷が演じることも明らかになった。

この記事の画像(全4件)

七五三掛龍也 コメント

映画出演の話を頂いてすぐ原作漫画を読みました。どのキャラクターにも個性、魅力があり何回も読み直すくらいファンになってしまいました。桂は、友達思いで穏やかな、嘘も言えないくらい良い人と言う印象でした。透の親友でもあり湊とも仲良しな役柄だったので撮影以外でも出来るだけコミュニケーションをとるようにしてその関係性をそのままお芝居に持っていけるよう意識して頑張りました。透役の北斗とは同じ事務所の同期なのでその点コミュニケーションをとりやすく何度か助けられました! 原作でもみんなから愛されるようなキャラクターですが、映画を通して更に愛されるようなキャラクターになっていければと思っています。

全文を表示

関連記事

Travis Japanのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Travis Japan / 七五三掛龍也 / 松村北斗 / SixTONES / 森七菜 / 金田一蓮十郎 / 相田翔子 / 竹井亮介 / 板橋駿谷 / ライアー×ライアー の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。