あーりんプロデュース・浪江女子発組合が関東で初ライブ!ハロウィンかわいい選手権で組合員を魅了

1360

ももいろクローバーZの佐々木彩夏が総合プロデューサーを務めるグループ・浪江女子発組合が10月31日に東京・TACHIKAWA STAGE GARDENで単独公演「浪江発立川へ 秋」を開催した。

浪江女子発組合「浪江発立川へ 秋」の様子。(撮影:塚田亮平)

浪江女子発組合「浪江発立川へ 秋」の様子。(撮影:塚田亮平)

大きなサイズで見る(全48件)

浪江女子発組合は「浪江発の風に乗せて、あなたに届きますように」をキャッチフレーズに掲げ、福島・双葉郡浪江町を中心に活動しているアイドルグループ。昨年11月に浪江町で開催された「復興なみえ町十日市祭」にて誕生した。メンバーは佐々木のほか、同じくスターダストプロモーションのアイドルセクション「STARDUST PLANET」に所属するアメフラっシの愛来、市川優月、小島はな、鈴木萌花、B.O.L.Tの高井千帆、内藤るな。彼女たちは浪江町で毎月“定期大会”を行っていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により3月から開催を中止しており、約8カ月ぶりの単独ライブ、そして初の関東での公演として「浪江発立川へ 秋」を実施した。ライブは感染拡大対策を行ったうえで観客動員数を限定して行われ、その模様は公式動画配信サービス・MIRAILのスターダスト公式チャンネルにて生配信された。

第6回定期大会

浪江女子発組合「浪江発立川へ 秋」の様子。(撮影:塚田亮平)

浪江女子発組合「浪江発立川へ 秋」の様子。(撮影:塚田亮平)[拡大]

今回のライブはそれぞれコンセプトの異なる3部構成。「第6回定期大会」と題された1公演目では、浪江町の花とされているコスモスのピンクをイメージしたおなじみの衣装でメンバーが登場し、浪江町の伝統的なお祭り・安波祭をテーマにした「ミライイロの花」でライブをスタートさせた。ひさしぶりに顔を合わせる組合員(浪江女子発組合のファンの呼称)へ向けてあふれんばかりの笑顔を届けた浪江女子発組合は、続けてデビュー曲「なみえのわ」を披露。3曲目には、浪江町で毎年4月に開催されている花火大会の情景をテーマに“再会”を描いた「つながる、ウンメイ」を丁寧に初パフォーマンスした。

浪江女子発組合「浪江発立川へ 秋」の様子。(撮影:塚田亮平)

浪江女子発組合「浪江発立川へ 秋」の様子。(撮影:塚田亮平)[拡大]

序盤の3曲を歌い終えた6人は「元気ですかー!?」と元気よく呼びかけ、会場の観客や配信の視聴者とのつながりを再確認する。浪江町を訪れた際の映像が流れたあとには、元旦恒例の「あるけあるけ初日詣大会」からインスピレーションを受け、メンバーの「浪江の方々と同じ気持ちになれたら」という思いから作られた「あるけあるけ」がしっとりと歌い上げられた。またこの公演では浪江町で撮影した写真の投票企画「第1回 浪江町インスタ映え選手権」が実施され、Twitterを通してリアルタイムで投票が行われた結果、佐々木と内藤の“あーりん&るんぱんペア”の写真が優勝作品に。次回の定期公演が2021年1月24日に福嶋・サンシャインなみえで開催され、そこであーりん&るんぱんペアの新曲が披露されることが決定した。その後、6人はももクロの代表曲の1つ「あの空へ向かって」を浪江女子発組合バージョンとしてパフォーマンス。ラストに軽快なテンポと明るいメロディが印象的な新曲「またキミと。」を届け、「第6回定期大会」を締めくくった。

第1回ギリギリ公演

「寝具でSING A SONG」を披露する佐々木彩夏と小島はな。(撮影:塚田亮平)

「寝具でSING A SONG」を披露する佐々木彩夏と小島はな。(撮影:塚田亮平)[拡大]

2公演目の「第1回ギリギリ公演」は「つながる、ウンメイ」でスタート。さらに6人が浪江町の人たちや組合員への思いを込めて「あるけあるけ」を披露し、「なみえのわ」を力強く歌うと、客席から温かい拍手が沸き起こった。ライブ中盤には佐々木が選抜したシャッフルユニットがももクロ、アメフラっシ、B.O.L.Tの楽曲をカバーし合うコーナーが展開され、市川、鈴木、内藤が当時の本人たちの衣装でももクロ「MILKY WAY」を、高井と愛来の2人が純白のワンピース姿でアメフラっシ「フロムレター」を息ぴったりに歌唱。感染拡大防止のため声を出せない組合員はペンライトで彼女たちの煽りに応えた。またパジャマ姿で登場した佐々木と小島はB.O.L.T「寝具でSING A SONG」を勢いよくパフォーマンスし、さらに会場のテンションを高める。コーナーの最後にはスタプラファンにとって懐かしの楽曲である3B junior「勇気のシルエット」が写真および動画撮影可能曲として浪江女子発組合メンバー全員によって披露され、観客は予想外の選曲に驚きつつ、貴重な瞬間を逃すまいと全力で歌う6人にカメラを向けた。

次のMCではメンバーが早着替えにチャレンジ。制限時間の2分が経過すると同時に「ミライイロの花」のイントロが流れ、立ち位置に付いていない状態で強制的にライブが再開されるも、6人は見事に立て直してパフォーマンスを完遂した。そしてこの公演も「またキミと。」がラストナンバーとして届けられ、大盛り上がりの中「第1回ギリギリ公演」が終了した。

ハロウィン▽かわいい選手権▽

浪江女子発組合「浪江発立川へ 秋」の様子。(撮影:塚田亮平)

浪江女子発組合「浪江発立川へ 秋」の様子。(撮影:塚田亮平)[拡大]

3公演目「ハロウィン▽かわいい選手権▽」は、各メンバーがセルフプロデュースによる衣装を身にまとうハロウィンファッションショーで幕を開ける。会場の熱気が高まる中、それぞれ個性あふれる仮装をした浪江女子発組合はももクロ「トリック・オア・ドリーム」をハロウィン仕様の振り付けでパフォーマンスし、ハロウィンパーティさながらの盛り上がりを作り出した。その後「ミライイロの花」「あるけあるけ」「つながる、ウンメイ」を立て続けに歌ったメンバーは、自撮り写真をInstagram上にアップし、いいね数を競い合う対決企画を実施。それぞれが組合員に精一杯アピールした結果、佐々木が優勝に輝いた。

佐々木彩夏(撮影:塚田亮平)

佐々木彩夏(撮影:塚田亮平)[拡大]

観客や視聴者と企画コーナーを楽しんだ彼女たちは公演終盤、「なみえのわ」「またキミと。」をラストスパートとして歌唱。楽曲を通して組合員と再会の約束を交わした。最後に佐々木は「本日観てくださった皆さまありがとうございました。私は8カ月ぶりに皆さまに会えてうれしかった。これからどんどん活動の場を広げていきたいと考えているので、皆さんと一緒に成長していけるといいなと思います」と挨拶し、丸1日かけて行われた「浪江発立川へ 秋」の幕を閉じた。

なおMIRAILでは明日11月4日12:00から12月3日23:59までこの日のライブの見逃し配信を実施する。

この記事の画像(全48件)

浪江女子発組合「浪江発立川へ 秋」2020年10月31日 TACHIKAWA STAGE GARDEN セットリスト

第6回定期公演

01. ミライイロの花
02. なみえのわ
03. つながる、ウンメイ
04. あるけあるけ
05. あの空へ向かって 浪江女子発組合ver.
06. またキミと。

第1回ギリギリ公演

01. つながる、ウンメイ
02. あるけあるけ
03. なみえのわ
04. MILKY WAY(オリジナル:ももいろクローバーZ
05. フロムレター(オリジナル:アメフラっシ
06. 寝具でSING A SONG(オリジナル:B.O.L.T
07. 勇気のシルエット(オリジナル:3B junior)
08. ミライイロの花
09. またキミと。

ハロウィン▽かわいい選手権▽

01. トリック・オア・ドリーム
02. ミライイロの花
03. あるけあるけ
04. つながる、ウンメイ
05. なみえのわ
06. またキミと。

浪江女子発組合 定期公演

2021年1月24日(日)福島県 浪江町 サンシャインなみえ(浪江町役場隣り)

※▽はハートマークが正式表記。

全文を表示

関連記事

ももいろクローバーZのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ももいろクローバーZ / アメフラっシ / B.O.L.T の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。