STUTSバンド編成ツアーでPUNPEEらゲストとフリーセッション、最後はマイク握って会場沸かせる

316

STUTSの東名阪ライブツアー「STUTS “Contrast” Release Live」の東京公演が10月26日にLIQUIDROOMで開催された。

STUTS(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)

STUTS(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)

大きなサイズで見る(全14件)

STUTS「STUTS “Contrast” Release Live」の様子。(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)

STUTS「STUTS “Contrast” Release Live」の様子。(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)[拡大]

Contrast

STUTS「Contrast」
Amazon.co.jp

このツアーは最新ミニアルバム「Contrast」のリリースツアーとして、仰木亮彦(G)、岩見継吾(B)、吉良創太(Dr)、TAIHEI(Key)を迎えたバンド編成で開催されたもので、ツアーファイナルとなる東京公演には武嶋聡(Sax, Flute)や多数の客演アーティストがゲストとして参加。ライブの模様はスペースシャワーがプロデュースするライブ配信サービス・LIVEWIREで生配信された。このライブでSTUTSはバンドやゲストと共にこれまで見せてこなかったパフォーマンスにも挑戦。サプライズの連続で会場に足を運んだファンや、配信の視聴者を熱狂させた。

STUTS(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)

STUTS(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)[拡大]

開演時刻を過ぎ、ステージに1人で現れたSTUTSは最新作の収録曲「Conflicted」でライブを開始し、2曲目の「Ride」からはバンドメンバーと共にグルーヴィなセッションを展開。ゲストの武嶋が奏でるサックスの音色も加わり、会場は心地いいムードで満たされていく。バンドが一旦退場し、STUTSが1人で「Pursuit」をパワフルに演奏したあと、ステージには「Breeze」でフィーチャーされたDaichi Yamamotoを皮切りに客演アーティストが次々に登場。ダンスホールを取り入れた新曲「Mirrors」ではDaichi Yamamotoと鎮座DOPENESSがコラボし、武嶋がフルートを奏でて楽曲を彩った。

「Daylight Avenue」パフォーマンスの様子。(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)

「Daylight Avenue」パフォーマンスの様子。(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)[拡大]

会場に熱気があふれる中、STUTSと鎮座DOPENESSが上着を脱ぎ、仰木を迎えたスペシャルバージョンの「Sticky Step」が始まると、サプライズゲストのCampanellaも登場。ファンキーなビートに乗せて鎮座DOPENESSとCampanellaはスキルフルにラップし、仰木もアドリブのギターソロでライブを盛り上げる。続けてAlfred Beach Sandalこと北里彰久が登場し、「Daylight Avenue」がスタート。この曲はAlfred Beach Sandal + STUTS名義でリリースされた北里とSTUTSのコラボ曲だが、この日は特別に参加した鎮座DOPENESSが北里とのハーモニーを聴かせつつ、書き下ろしのヴァースをラップした。

BIM(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)

BIM(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)[拡大]

JJJ(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)

JJJ(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)[拡大]

北里が伸びやかに歌う「Sail Away」で再びバンドを迎え入れたSTUTSは、「Never Been」に続けてミニアルバム表題曲「Contrast」を熱演。さらにアルバムから自身がボーカルを務めた「Vapor」をパフォーマンスし、「Landscapes」ではギターの演奏も披露した。チャレンジングなパフォーマンスが続く中、「Veranda」で現れたのはBIM。観客を前にして「人前で歌ってるよ!」と喜びを露わにした彼は、「マジックアワー」が始まると出演できなかったRYO-Zの分まで上機嫌で歌った。その後、各バンドメンバーをフィーチャーする形で「Eternity」を演奏したSTUTSは、今回のツアーについて「セットごとに演奏が変わっていく感じが楽しくて」と語ると、JJJをフィーチャーした「Changes」をバンドセットで披露。武嶋の吹くサックスの音色も会場に響きわたり、観客は手を挙げて身体を揺らした。

フリーセッションの様子。(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)

フリーセッションの様子。(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)[拡大]

本編終了後、アンコールに応えて再び現れたSTUTSがMPCを叩くと、シークレットゲストのKMCがバイブス全開で勢いよく登場。ポジティブなメッセージが込められた「Rock The Bells」を叫ぶようにラップして観客を圧倒する。さらにSTUTSが「せっかくなのでフリーな感じでセッションしていきたいと思います」と告げると、バンドメンバーに加えて、ラッパーたちが続々とステージへ。STUTSとバンドメンバーが即興で作り上げるビートに乗せて、Campanella、鎮座DOPENESS、BIM、Daichi Yamamoto、KMCがマイクリレーを展開し、それぞれの個性を炸裂させた。

PUNPEE(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)

PUNPEE(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)[拡大]

STUTSがマイクを回されたシーン。(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)

STUTSがマイクを回されたシーン。(Photo by Taro Mizutani / Shuhei Kojima)[拡大]

興奮冷めやらぬ中、STUTSが畳みかけるように「夜を使いはたして」の演奏を開始すると、最後のシークレットゲスト・PUNPEEが登場。怒涛の展開にフロアからは大きな歓声が上がった。PUNPEEが自分もフリースタイルに参加したいと言って退場したあと、STUTSはミニアルバム収録の「Seasons Pass」を歌ってステージを去るが、テンションが上がりきった観客は拍手でダブルアンコールを求める。これに応えたSTUTSがラストナンバーとして「Renaissance Beat」をバンドセットで演奏すると、飛び込んできた鎮座DOPENESS、PUNPEEがセッションを開始し、マイクを回されたSTUTSも生き生きとしたフリースタイルのラップを披露。フロアを大いに沸かせてライブに幕を下ろした。

なお「LIVEWIRE」のオフィシャルWebサイトでは本公演のチケットが11月2日21:00まで販売されており、購入者は同日23:59まで見逃し配信を視聴できる。

この記事の画像(全14件)

STUTS「STUTS “Contrast” Release Live」
2020年10月26日 LIQUIDROOM セットリスト

01. Conflicted
02. Ride
03. Paradise
04. See the Light
05. Summer Situation
06. Pursuit
07. Breeze
08. Mirrors
09. Sticky Step
10. Daylight Avenue
11. Sail Away
12. Never Been
13. Contrast
14. Vapor
15. Landscapes
16. Veranda
17. マジックアワー
18. Eternity
19. Changes
<アンコール>
20. Rock The Bells
21. FREE SESSION
22. 夜を使いはたして
23. Seasons Pass
<ダブルアンコール>
24. Renaissance Beat

全文を表示

STUTSのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 STUTS / PUNPEE / 在日ファンク / Suchmos / Daichi Yamamoto / 鎮座DOPENESS / Campanella / Alfred Beach Sandal / BIM / JJJ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。