TEAM SHACHIが初の無観客ライブで圧巻のパフォーマンス披露、MCUと日高央も駆けつけた熱狂の一夜

874

TEAM SHACHIが7月28日に無観客ライブ配信「TEAM SHACHI TOUR 2020~異空間~:Spectacle Streaming Show "ZERO"」を実施した。

TEAM SHACHI(撮影:笹森健一)

TEAM SHACHI(撮影:笹森健一)

大きなサイズで見る(全50件)

この配信ライブは、4月に開催を予定していたライブツアー「TOUR 2020~異空間~」東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)公演の中止を受けて企画されたもの。当初は東京公演と同日程で行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりライブ制作で稼働するメンバーやスタッフの安全を優先して開催延期となっていた。本公演の模様はTEAM SHACHIのYouTube公式チャンネル、スペースシャワーTVのLINEアカウント、スペシャアプリにて無料で配信され、メンバー4人は約2時間半の熱いパフォーマンスを全国のタフ民(TEAM SHACHIファンの呼称)に届けた。

TEAM SHACHI(撮影:笹森健一)

TEAM SHACHI(撮影:笹森健一)[拡大]

定刻を少し過ぎた頃、TEAM SHACHIとブラス民、Tatsuya(Crossfaith)、masasucks(FULLSCRATCHthe HIATUSRADIOTSJバンド)、MIYAからなるバンド民が舞台袖で円陣を組む姿が映し出された。メンバー4人がステージに立つと画面が切り替わり「個を好まず群れを尊重する」「強い連帯感のもとに皆が集いメスが率いる」など鯱の生態と彼女たちの活動がリンクするような内容の映像が上映されたのち、新曲「SURVIVOR SURVIVOR」でライブがスタート。TEAM SHACHIは次曲の「DREAMER」でバンド民、ブラス民と合流してキレのあるラップが印象的な他己紹介ソング「Hello, TEAM SHACHI」やフレンズが楽曲提供した「わたしフィーバー」などハイテンションなナンバーを次々と繰り出した。

TEAM SHACHI(撮影:笹森健一)

TEAM SHACHI(撮影:笹森健一)[拡大]

ピアノを演奏する大黒柚姫とTEAM SHACHIのメンバー。(撮影:笹森健一)

ピアノを演奏する大黒柚姫とTEAM SHACHIのメンバー。(撮影:笹森健一)[拡大]

秋本帆華が「シャチZERO始まりましたよ! 画面の奥のみんな楽しむ準備はできてんの!?」と勢いよく挨拶して披露された「よろしく人類」では、曲中にメンバーが名古屋グランパスエイトや中日ドラゴンズ、名古屋ダイヤモンドドルフィンズのユニフォームに着替えるなど地元愛を感じさせる演出も。続く「カラカラ」では大黒柚姫がピアノの演奏に挑戦。それまでの賑やかなムードから一転し、ピアノの美しい音色と4人のハーモニーが重なって場内は神秘的なムードに包まれた。ライブ中盤には昨年10月発表の最新シングルから「Rocket Queen」をパフォーマンス。曲中にMCUKICK THE CAN CREW)がゲストとして登場し、テクニカルなラップを披露した。定番の自己紹介を挟んだのち、咲良菜緒が「次の曲にもスペシャルゲストがいるんですよ」と話して2人目のゲスト・日高央THE STARBEMS)を呼び込む。飄々とステージに現れた日高が「TEAM SHACHIの4人が日本を元気付けています。Twitterのトレンド日本4位だって。1位目指しちゃわない?」と口にすると、TEAM SHACHIと共にロックチューン「Rock Away」をプレイ。高橋優の提供曲「なくしもの」では日高がアコースティックギターを演奏し、メンバー4人は伸びやかな歌声を画面越しのタフ民に届けた。

TEAM SHACHI(撮影:笹森健一)

TEAM SHACHI(撮影:笹森健一)[拡大]

ライブ後半には坂本遥奈がダンスとプロジェクションマッピングを融合させたパフォーマンスを披露。そのまま「We are...」がスタートし、曲中には筆文字の歌詞がステージ背面のスクリーンとディスプレイ上に表示されるなど配信ならではの仕掛けも。「グラブジャムン」では坂本と咲良がカメラを手に取り、至近距離でメンバーやブラス民を撮影するなどユニークな演出も見られた。そしてTEAM SHACHIは、Tatsuyaの激しいドラムソロを起点に「眠れないナイNIGHT!」「AWAKE」「START」「抱きしめてアンセム」をノンストップでパフォーマンス。最後はファンキーでダンサブルな新曲「MAMA」を初披露して、大量のスモークに包まれながらステージをあとにした。

TEAM SHACHI(撮影:笹森健一)

TEAM SHACHI(撮影:笹森健一)[拡大]

アンコールで再びステージに登場したTEAM SHACHIは、8月に両A面シングル「SURVIVOR SURVIVOR / MAMA」を配信リリースすることや、本公演の模様を映像作品として10月に発売すること、10月と12月に観客を入れたライブイベントを開催することを発表して、ここまで配信を見守ってきたタフ民を喜ばせる。その後はメンバー1人ひとりがこの日のライブを振り返りながら、タフ民への感謝の気持ちや次なる展望を語った。そしてバンド民とブラス民を再びステージに呼び込み、「ライブの最後にみんなで一体感を味わいたい」という思いで作ったという楽曲「Today」をパフォーマンス。最後は秋本が「いつか世の中が元に戻ったら、客席いっぱいのタフ民とこの曲を完成させたいと願っています。またライブ会場で会いましょう。ありがとうございました!」と元気いっぱいに挨拶してこの日の公演の幕を降ろした。

この記事の画像(全50件)

TEAM SHACHI「TEAM SHACHI TOUR 2020~異空間~:Spectacle Streaming Show "ZERO"」2020年7月27日 セットリスト

01. SURVIVOR SURVIVOR
02. DREAMER
03. Hello, TEAM SHACHI
04. ROSE FIGHTERS
05. わたしフィーバー
06. You!
07. よろしく人類
08. カラカラ
09. シャンプーハット
10. かなた
11. Rocket Queen feat. MCU
12. Rock Away
13. なくしもの
14. BURNING FESTIVAL
15. こだま
16. ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL
17. We are...
18. Cherie!
19. グラブジャムン
20. 眠れないナイNIGHT!
21. AWAKE
22. START
23. 抱きしめてアンセム
24. MAMA
<アンコール>
25. Today

※「Cherie!」の1つ目の「e」はアキュートアクセント付きが正式表記。

※記事初出時、一部曲名の表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

関連記事

TEAM SHACHIのほかの記事

リンク