Wienners、ライブできる喜び爆発させた無観客ワンマン「歌っていて俺はめちゃくちゃ幸せです」

161

Wiennersが昨日7月9日に東京・渋谷CLUB QUATTROで無観客ライブ「生配信!BURST POP ISLAND 発売記念ライブ」を行い、その模様がイープラスのライブストリーミングサービス・Streaming+にて有料配信された。

Wienners(撮影:かい)

Wienners(撮影:かい)

大きなサイズで見る(全15件)

BURST POP ISLAND(初回限定盤)

Wienners「BURST POP ISLAND(初回限定盤)」
Amazon.co.jp

今年5月に最新アルバム「BURST POP ISLAND」を日本コロムビアから発表し、2度目のメジャーデビューを果たしたWienners。彼らは6月から7月にかけてアルバムの発売を記念した全国ツアー「BURST POP ISLAND TOUR 2020」の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりツアーは延期に。これを受けて企画された今回の配信ライブでは、「BURST POP ISLAND」の全収録曲に加えて、ライブ定番の人気曲など全18曲をパフォーマンスした。

Wienners(撮影:かい)

Wienners(撮影:かい)[拡大]

玉屋2060%(Vo, G)は「災害とかコロナとかいろいろあったけどみんな元気? 無事だった? 約5カ月ぶりにステージに戻ってきました!」と勢いよく挨拶すると、1曲目に最新アルバムのオープニングナンバー「ANIMALS」をセレクト。間髪入れずに「MY LAND」「UNITY」とアッパーチューンを立て続けに披露していく。曲が終わると玉屋2060%が「Wienners、たくさんの人たちの力を借りてまたメジャーに戻ってきたぜ。一発逆転を狙うすべての人たち、夢を諦めないすべての人たちへ、この曲を聴いてくれ!」と叫び、「起死回生の一発」を画面越しのファンの背中を押すように力強くパフォーマンス。その後も「BURST POP ISLAND」から高速ビートに乗せたポップチューンを次々と繰り出して、伸びやかな歌声とキレのあるバンドサウンドを画面を通してファンに届けた。

左から玉屋2060%(Vo, G)、アサミサエ(Vo, Key, Sampler)。(撮影:かい)

左から玉屋2060%(Vo, G)、アサミサエ(Vo, Key, Sampler)。(撮影:かい)[拡大]

Wienners(撮影:かい)

Wienners(撮影:かい)[拡大]

ライブが中盤に差し掛かった頃、アサミサエ(Vo, Key, Sampler)が「(いろんな場所からライブを)見てくれているんだなあ、信じられない。試しに問いかけてみてもいいですか? 家で『いえい!』って言ってくれるかな?」と唐突に話し出し、「画面の前のみんな盛り上がってるかーっ!」と元気いっぱいに呼びかけた。しかし、当然会場にファンの声が聞こえるはずはなく「ここはスタッフが『いえい!』って言っとくものだよ(笑)!」とスタッフにツッコんで視聴者の笑いを誘った。また玉屋2060%がアルバム発売から配信ライブ実施までの2カ月を振り返り「いろんな人たちの力を借りてメジャーという場所に戻ってきて、より多くの人に俺たちの音楽を届けたいと思いました。アルバムをリリースして2カ月後に電波を通じてだけど、みんなに楽曲を届けることができています。今ここで歌っていて俺はめちゃくちゃ幸せです」「俺たちに音楽を与えてくれて本当にありがとうございます!」とギターをかき鳴らしながら感謝の気持ちを述べ、KOZO(Dr)のドラムを合図に「プロローグ」「ゆりかご」「FAR EAST DISCO」をノンストップでプレイ。「ANIMALS」から「FAR EAST DISCO」まで、アルバム全収録曲を曲順通りにパフォーマンスしてみせた。その後は2014年発表の「LOVE ME TENDER」や2013年発表の「蒼天ディライト」などライブ定番曲を届けたのち、疾走感あふれるパンクナンバー「Cult pop suicide」を演奏してステージを降りた。

ライブ本編を終えて乾杯するWienners。(撮影:かい)

ライブ本編を終えて乾杯するWienners。(撮影:かい)[拡大]

ライブ本編を終えたWiennersは、場内のフロアに設けられた楽屋スペースに移動。お酒やエナジードリンクを手に取ってライブを見守っていた視聴者と乾杯した。このコーナーではアンコール曲をファンから募ったり、∴560∵(B, Cho)がライブ中に何度もTシャツを着替えていたと明かしたり、ファンのコメントを眺めながら談笑する様子などが配信された。その後再びステージに戻ったWiennersは、アサミサエがメインボーカルを担当する「レスキューレンジャー」や10年前の2010年7月に発表された1stアルバム「CULT POP JAPAN」のラストナンバー「Idol」をプレイし、この日の公演の幕を降ろした。

なお配信ライブのチケットは7月12日21:00までStreaming+で販売されており、チケット購入者は同日23:00までアーカイブを視聴できる。

この記事の画像(全15件)

Wienners「生配信!BURST POP ISLAND 発売記念ライブ」2020年7月9日 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

01. ANIMALS
02. MY LAND
03. UNITY
04. 起死回生の一発
05. Kindergarten Speed Orchestra
06. YA! YA! YA!
07. ULTRA JOY
08. JOY NOW OR NEVER
09. プロローグ
10. ゆりかご
11. FAR EAST DISCO
12. TRADITIONAL
13. LOVE ME TENDER
14. 蒼天ディライト
15. Cult pop suicide
<アンコール>
16. レスキューレンジャー
17. おおるないとじゃっぷせっしょん
18. Idol

関連する特集・インタビュー

Wiennersのほかの記事

リンク

関連商品