SCANDAL新曲は阿木&宇崎コンビの“秘蔵”歌謡ロック

23

SCANDALのニューシングル「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」が10月6日にリリース。この曲の作詞・作曲を、阿木燿子&宇崎竜童の黄金コンビが手掛けていることが明らかになった。

写真はシングル「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」初回限定盤Aのジャケット。

写真はシングル「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」初回限定盤Aのジャケット。

大きなサイズで見る(全5件)

今回2人がSCANDALの新曲を手掛けることになったのは、阿木とSCANDALが6月発売のシングル「太陽と君が描くSTORY」のカップリング曲「KOSHI-TANTAN」で共同作詞をしたことがきっかけ。2ndアルバム「TEMPTATION BOX」で楽曲の幅が広がり、手応えを得たSCANDALのメンバーは「次の新曲はSCANDALにしかできない新しいことをやりたい」と考え、阿木と宇崎に楽曲提供をオファーしたという。

「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」は作詞を阿木、作曲を宇崎が担当。宇崎によると「1970年代当時からあった楽曲」とのことで、「『KOSHI-TANTAN』で阿木燿子と一緒に楽曲制作をしているSCANDALを見ていて、彼女たちの言ってしまうと、『おもしろければ何でもあり』なスタイルを見ていて、彼女たちだったらこの曲を現代に見事よみがえらせてくれ、平成のJ-POP界にうまく当てはめ表現してくれるのでは」と思い楽曲提供に至ったと語っている。

この記事の画像(全5件)

SCANDALのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SCANDAL の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。