「やついフェス」今年はオンラインで開催、クラファン企画もスタート

592

やついいちろう(エレキコミック)主催のライブイベント「YATSUI FESTIVAL! 2020」の開催中止に伴い、公演当日の6月20日と21日に配信ライブイベント「ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020」の開催が決定した。

「ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020」扉絵(アートディレクション:太田雄介 / イラストレーション:Ardneks Paraiso Graphica)

「ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020」扉絵(アートディレクション:太田雄介 / イラストレーション:Ardneks Paraiso Graphica)

大きなサイズで見る(全3件)

「ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020」は使用予定だった会場からの無観客ライブを複数のチャンネルで無料配信するイベント。有志アーティストが持つそれぞれのプラットフォームから配信する演目も1つのタイムテーブル上にまとめ、大規模な“オンラインサーキットフェス”として開催される。このほか全国の飲食店や生産者を紹介する「やついフェスフードコート」、キャンペーンガールの募集企画なども行われる。

また有料開催の中止による損失補填、および配信イベント開催にあたっての経費の支援を募るクラウドファンディング企画もスタートした。やついはこのクラウドファンディング募集に関し「これで劇的な赤字を撃退しようと思います。クラウドファウンディングのリターン用にやついフェス2020のTシャツなどのグッズも作るし、当日の裏側や制作風景を1枚にしたDVDも作る予定です」「新しい試みをやる事で、さらに赤字は増えるかもしれない。それでもやってみる事にしました。是非、支援をお願いします」とコメントしている。

この記事の画像(全3件)

ONLINE YATSUI FESTIVAL! 2020

配信日時:2020年6月20日(土)・21日(日)14:00~22:00(予定)

やついいちろう コメント

今年のやついフェスは、たくさんの状況を踏まえて中止にしました。三密となるライブハウス周遊型のフェスはこの状況ではとても厳しい。

しかし何かはやりたい。

ただ何もないなんて空虚で、全く違う形になるけど、それでもやついフェスっぽさがあるものをやりたい。そんな思いから、全て無料のフェス「オンラインやついフェス2020」をやろうと決心しました。日本中を繋げてフェスをする。

お客さんは指一本で日本中を回る事ができる。歩いて回る必要がないから、世界のどこだってひとっ飛び。そんなフェスを考えています。
こうした試みは今のところ誰もやっていないと思います。

オンライン上に「やついフェスフードコート」も作ります。日本中のお店に参加してもらい、やついフェス特別メニューを通販したり、当日は家で食べながら参加して欲しいなーと思っています。

やついフェスキャンペーンガールも面接ができないので仕切り直して、オーディションをオンラインでやります。これも今まで見た事ない。面白い事になりそうです。

当然の事ながら、人生最大の大赤字をただ今背負っております。

そこで、やついフェスクラウドファンディングを立ち上げます。これで劇的な赤字を撃退しようと思います。

クラウドファウンディングのリターン用にやついフェス2020のTシャツなどのグッズも作るし、当日の裏側や制作風景を1枚にしたDVDも作る予定です。

初めての試みなのでワクワクしますが、ドキドキもする。どうやったらうまくいくのか誰も経験がないからわからない。それでもやってみる。それはなにより未来に面白い事があるっていう予定を作るのが僕の仕事だと思っているからです。
未来が面白くなかったら何のために日々を過ごすのかわからない。未来には常に面白いがあるはずだし、なければ作る。
未来を描ければ現在が変わる。急に忙しくなる。急に楽しくなる。これが未来に面白い事がある効能だと思います!

お客さんもわざわざ来なくて良いから参加しやすい! それこそ北海道や沖縄からだって無料で参加できるので、誰とも会えないけど、みんなと会える。
そんな今こそやれるフェスになると思います。当日は、沢山のアーティストや芸人、アイドル、DJが参加をしてくれます。

一般の人も出演者として参加できる仕掛けも考えています。
そうなったらもう全員が出演者のフェスです。それがオンラインやついフェス2020です。

新しい試みをやる事で、さらに赤字は増えるかもしれない。それでもやってみる事にしました。
是非、支援をお願いします。

関連記事

DJやついいちろうのほかの記事

リンク