SKY-HIが身近な別れ描いた「そこにいた」配信、“STAYHOME”で楽しめるトラック配布も

695

SKY-HIの楽曲「そこにいた」が本日4月10日に配信リリースされた。

SKY-HI「そこにいた」配信ジャケット

SKY-HI「そこにいた」配信ジャケット

大きなサイズで見る(全3件)

「そこにいた」は1月にYouTubeでデモ音源が公開され、話題を呼んでいた楽曲。さまざまな形の別れにおけるSKY-HIの心情を描いたバラードソングとなっており、彼は「身近なところにあった別れをそのまま描写しました。普通歌を作るときは、消化しきった感情を元にメッセージにする事が多いんですけど、これは昨年身の回りであったことを消化をする為に作ったものかもしれません。本当なら『こういった出来事を元に』と話したいのですが、今作は皆の感情にお任せします」とコメントしている。楽曲の配信と同時に、エモーショナルな雰囲気が漂うリリックビデオもYouTubeで公開された。

このリリースに合わせて、SKY-HIのオフィシャルサイトでは「#オンライン繁華街」と題された新たな企画がスタートする。これはプレイヤーやリスナーの垣根を越えて、SKY-HIの楽曲を歌やダンスなどでそれぞれが楽しむというもの。SKY-HIはInstagramで行った生配信にて「1人カラオケとかが流行っているこの時代に、STAYHOMEしているみんなのためにやっちゃいます」とコメントし、「そこにいた」のトラックの無料配布を開始した。

【Amazon.co.jp限定】SKY-HI’s THE BEST

SKY-HI「【Amazon.co.jp限定】SKY-HI’s THE BEST」
Amazon.co.jp

またSKY-HIが6月17日にリリースする3枚組のベストアルバム「SKY-HI's THE BEST」のDISC1「POPS BEST」の収録曲が公開された。「POPS BEST」には「そこにいた」のほか、ファンの人気投票で1位となった「カミツレベルベット」、そして「アイリスライト」の両曲に新たなアレンジを施し、ボーカルを新録した「カミツレベルベット 2020」「アイリスライト 2020」など全16曲が収録される。

この記事の画像・動画(全3件)

SKY-HI コメント

身近なところにあった別れをそのまま描写しました。
普通歌を作るときは、消化しきった感情を元にメッセージにする事が多いんですけど、
これは昨年身の回りであったことを消化をする為に作ったものかもしれません。
本当なら「こういった出来事を元に」と話したいのですが、今作は皆の感情にお任せします。
生き死には常に身近にあるものなのに幸せに向き合う事が難しいものでもあったりするけど、あまりそれと嫌な出会い方したくないですよね。僕もそうです。
またお会いしましょう。

SKY-HI「SKY-HI's THE BEST」収録曲

DISC1「POPS BEST」

01. カミツレベルベット 2020
02. Snatchaway <Remastered>
03. Blanket <Re-rec & Remastered>
04. キミサキ<Re-rec & Remastered>
05. 創始創愛 <Remastered>
06. アイリスライト 2020
07. 愛ブルーム <Remastered>
08. スマイルドロップ '16 <Remastered>
09. Chit-Chit-Chat <Remastered>
10. 朝が来るまで <Remastered>
11. Seaside Bound <Re-rec & Remastered>
12. Over the Moon <Re-rec & Remastered>
13. クロノグラフ <Re-rec & Remastered>
14. そこにいた
15. Marble <Remastered>
16. ナナイロホリデー <Remastered>

全文を表示

関連記事

SKY-HIのほかの記事

リンク

関連商品