ヨルシカ新曲「夜行」が「泣き猫」挿入歌に、主人公・ムゲの本当の気持ち彩る

90

ヨルシカが6月5日公開のアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」の挿入歌を担当する。

ヨルシカ

ヨルシカ

大きなサイズで見る(全3件)

「泣き猫」は志田未来花江夏樹がダブル主演を務める長編アニメ。ある秘密を抱える中学2年生の笹木美代と、笹木が思いを寄せるクラスメイトの日之出賢人を巡る物語が描かれる。この映画の主題歌としてヨルシカが「花に亡霊」を書き下ろしたことはすでに発表されているが、今回は3月4日に配信リリースされた新曲「夜行」も映画の挿入歌として提供していることが明かされた。

「夜行」はヨルシカがこの映画の監督を務める佐藤順一柴山智隆と、「泣き猫」の世界観について直接語り合い、イメージを共有したうえで生み出した楽曲。佐藤は「夜行」について「日之出が主人公・ムゲの本当の気持ちを知った場面なので、普通はかなりしっとりした曲になるところですが、ヨルシカさんの曲ならば、ややリズムのあるちょっと切ない系の曲もよいのではと試していただくことに。曲をはじめて聞いたとき、言葉が意味を超えて心の風景を描くように紡がれたヨルシカさんらしい楽曲が出来たと感じて嬉しかったです」と語っている。

なお公開中の「夜行」のミュージックビデオは、「泣き猫」を手がけるスタジオコロリドが、映画の舞台である愛知県常滑市をモチーフに映像を制作している。

この記事の画像・動画(全3件)

佐藤順一監督 コメント

「夜行」はヨルシカさんに完成途中の作品を観てもらって作ってもらいました。日之出が主人公・ムゲの本当の気持ちを知った場面なので、普通はかなりしっとりした曲になるところですが、ヨルシカさんの曲ならば、ややリズムのあるちょっと切ない系の曲もよいのではと試していただくことに。曲をはじめて聞いたとき、言葉が意味を超えて心の風景を描くように紡がれたヨルシカさんらしい楽曲が出来たと感じて嬉しかったです。ムゲや日之出の感情と組み合わさることで更なる広がりがイメージできました。

柴山智隆監督 コメント

音響監督でもある佐藤監督からは、「作品に寄り添い過ぎなくても大丈夫」というようなお話があったと記憶しています。「夜行」が届いて、はじめて映像に合わせて曲を聴いたときにはイメージがふわっと拡がっていくような感覚があって驚きました。日之出の心情を大切にしていただきつつも、次々と浮かんでくる情景が心地よくて、その日から毎日のように聴いています。素晴らしい楽曲をありがとうございました。

全文を表示

関連記事

ヨルシカのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ヨルシカ / 佐藤順一 / 柴山智隆 / 志田未来 / 花江夏樹 / 泣きたい私は猫をかぶる の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。