The Beatlesの魅力を掘り下げるラジオ番組始動、案内役は杉真理&和田唱

751

杉真理と和田唱(TRICERATOPS)が、4月5日(日)スタートのNHK-FMの新番組「ディスカバー・ビートルズ」の案内役を担当する。

「ディスカバー・ビートルズ」ビジュアル

「ディスカバー・ビートルズ」ビジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

「ディスカバー・ビートルズ」は、西寺郷太(NONA REEVES)を案内役に迎えて放送された「ディスカバー・マイケル」に続く「ディスカバーシリーズ」の第2弾。解散から50年が経った今も世界中の音楽ファンに愛されるThe Beatlesの魅力を、さまざまな角度から検証しながら掘り下げていく。4月の放送ではThe Beatlesのヒットシングルを通じて、バンドの全容を紹介する。番組ロゴのイラストには、和田の父親でありThe Beatles好きでも知られた和田誠の作品が採用された。

番組の始動にあたって杉は「とにかくビートルズは切り口がすごくあるので、もう1回僕も勉強し直して新しい、何か初めて会ったような気持ちになるようなエピソードや捉え方をしていきたいと思っています」と述べ、和田は「僕は不器用ながらもマニアックに、時に横道に逸れながらビートルズ愛を語れたら、と思っている」とコメント。杉は月末回以外の案内役を、和田は月末回の案内役を務める。

杉真理 コメント

杉真理

杉真理

とにかくビートルズは切り口がすごくあるので、もう1回僕も勉強し直して新しい、何か初めて会ったような気持ちになるようなエピソードや捉え方をしていきたいと思っています。ビートルズの曲は、1曲1曲全部違っていて、同じことを二度やらないのがすごいところなので、それらが世の中のアーティストに与えた影響とか、カバーの聴き比べとか、あまり知られていないエピソードなどを掘り下げていき、おもしろい番組にしますので一緒に楽しみましょう!

和田唱 コメント

和田唱

和田唱

友人、西寺郷太が1年間マイケル・ジャクソンを語るという大役を成し遂げた「ディスカバー・マイケル」。その第二弾番組として、今度は大好きな先輩、杉真理さんがビートルズを1年間語る。そして月の最終週を毎回僕が担当できるという名誉な任務を頂いた! 郷太くんもそうだが、杉さんは語りのプロフェッショナルでもある。だから基本ラインは杉さんに託し(笑)僕は不器用ながらもマニアックに、時に横道に逸れながらビートルズ愛を語れたら、と思っている。「ディスカバー・ビートルズ」、1年間宜しくお願いします。

NHK-FM「ディスカバー・ビートルズ」

2020年4月5日(日)21:00~22:00
(※以降毎週日曜21:00~22:00)

この記事の画像(全3件)

リンク