クリトリック・リス、コロナウイルスに“クチパク”で対抗

1038

クリトリック・リスが3月11日に大阪・FANDANGOでワンマンライブを開催する。

クリトリック・リス

クリトリック・リス

大きなサイズで見る

このワンマンは新型コロナウイルスの感染拡大、および日本政府からのイベント自粛要請により、各地でイベント実行が困難になっていることを受けて急きょ決定したもの。当日は十分なスペースの確保、マスク着用厳守などコロナウイルスの感染予防が徹底される。またクリトリック・リスはMC含め、事前に録音した音源に合わせて“クチパク”でパフォーマンスを行う。

イベント開催に際し、スギム(クリトリック・リス)はイベントの中止・延期に対する危機感を明かしつつ「鮨詰めの状態でライブをするのはリスクが高いけど、スペースに余裕があって、予防に専念すれば、やっていいでしょ。やらせて」「一刻でも早く、元気なライブハウスを取り戻したい。今が大事だ」とコメント。チケットの予約は特設フォームにて受け付けている。

スギム(クリトリック・リス)コメント

テレビをつけても例のネガティブ話題だらけで、もううんざり。
政府の出した大規模イベントの中止・延期要請が、今や小さなライブハウスまで影響を及ぼし、集客やイベント実行が困難となってる。先が全く見えない。1カ月後? 2カ月後? 半年? タイムラインからはイベント中止のツイートが止めどなく流れてくる。
事が終息した後には、私達の音楽を楽しむ場が無くなってるかもしれないという恐怖が芽生えてきた。「中止にしろ!」と言うのは簡単だけど、ライブハウスで働いてる人も居るし、そこを必要としている人もいる。
何も悪い事してないんだし、謹慎する必要なんてない。
一度灯を消すと次に点けるのが大変。もう2度と点かないかもしれない。
平日のライブハウスハウスにお客さんがいっぱいって事の方が稀だった。
こうなって、更にお客さんが来なくなった。
鮨詰めの状態でライブをするのはリスクが高いけど、スペースに余裕があって、予防に専念すれば、やっていいでしょ。やらせて。
この異常な事態を乗り切るためにみんなでアイデアを出し合おう。
一刻でも早く、元気なライブハウスを取り戻したい。今が大事だ。
堺FANDANGOでイベントが中止になった日を借りて急遽「クリトリック・リス クチパクライブ」を行います。
スペースに余裕を持たせ、予防に専念します。
よろしくお願いします。

緊急開催 クリトリック・リス クチパクライブ

2020年3月11日(水)大阪府 FANDANGO

全文を表示

クリトリック・リスのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 クリトリック・リス の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。