SHANK、15周年ワンマンツアーで満員の新木場STUDIO COASTを熱狂の渦に

175

SHANKが、結成15周年を記念したワンマンツアー「The Heavy Clash」の東京公演を、1月17日に新木場STUDIO COAST公演で開催。彼らのアニバーサリーを祝すべく、広いフロアがファンで満員になった。

SHANK(Photo by KOHEI SUZUKI)

SHANK(Photo by KOHEI SUZUKI)

大きなサイズで見る(全13件)

「15th Anniversary One-Man Tour The Heavy Clash」東京・新木場STUDIO COAST公演の様子。(Photo by KOHEI SUZUKI)

「15th Anniversary One-Man Tour The Heavy Clash」東京・新木場STUDIO COAST公演の様子。(Photo by KOHEI SUZUKI)[拡大]

ゆっくりと袖から姿を現した3人は、アニバーサリー公演という気負いを感じさせないリラックスした雰囲気で、おもむろに「Surface」の演奏を開始。その瞬間に火がついたように空気が一変し、会場を埋め尽くすオーディエンスが一気に沸いた。庵原将平(Vo, B)の「新木場! 踊って帰ってくれ!」という声を合図に「Life is...」がスタートすると、観客のステップが会場を揺らした。

庵原将平(Photo by KOHEI SUZUKI)

庵原将平(Photo by KOHEI SUZUKI)[拡大]

「#8」を演奏し終えると、庵原は思い出したように「俺らはけっこうSTUDIO COASTでライブさせてもらってるんですけど、あのミラーボール1回も回してもらったことなくて。15周年やから回したろうかなと思って」とコメント。「俺ちょっと緊張してた。足震える」と明かした松崎兵太(G, Cho)に、庵原が「緊張ほぐすために1曲歌ってよ」とリクエストし、松崎は巨大なミラーボールがピンク色の光を放つ下でサザンオールスターズ「真夏の果実」を弾き語りした。観客はその歌声を聴きながら腕を左右に振り大合唱。そのまま間を開けずに「Two sweet coffees a day」に突入し、再びフロアはクラウドサーフの嵐になった。

松崎兵太(Photo by KOHEI SUZUKI)

松崎兵太(Photo by KOHEI SUZUKI)[拡大]

その後も彼らは、緩急を効かせたセットリストを組みつつも、勢いを衰えさせることなく怒涛のように次々と楽曲を畳み掛けていく。後半には「Wake Up Call」をしっかりと聴かせて一旦クールダウンさせたかと思えば、「submarine」でハイテンションなステージを再開。「It's not a game」で会場中にシンガロングを発生させた。MC中に観客から今年の抱負を聞かれた庵原は、日当たりのいい部屋に引っ越したいという願望とともに、まだ何も決まっていないものの年始からレコーディングを行っていることを明かした。

「15th Anniversary One-Man Tour The Heavy Clash」東京・新木場STUDIO COAST公演の様子。(Photo by KOHEI SUZUKI)

「15th Anniversary One-Man Tour The Heavy Clash」東京・新木場STUDIO COAST公演の様子。(Photo by KOHEI SUZUKI)[拡大]

庵原の「また面白いことすると思うんで、よかったら力貸してください」という言葉と共にライブはラストスパートに突入。「My sweet universe」「Long for the Blue moon」「Restart」「BASIC」を叩き込み、最後まで全速力で突っ走ったまま3人はステージを去った。

「15th Anniversary One-Man Tour The Heavy Clash」東京・新木場STUDIO COAST公演の様子。(Photo by KOHEI SUZUKI)

「15th Anniversary One-Man Tour The Heavy Clash」東京・新木場STUDIO COAST公演の様子。(Photo by KOHEI SUZUKI)[拡大]

再びステージに登場した3人は、アンコールとして「Keep on Walking」と「drama queen」を披露。さらに締めの1曲として「Lamp」をプレイしようとしたが、イントロで演奏を失敗。彼らは「別の曲やろうぜ」と言いながらステージ上で話し合いを始め、改めて「Love and Hate」を熱唱した。それでもオーディエンスによるアンコールの声は止まず、三度ステージに登壇した3人は15秒程度のショートチューン「Stop the crap」を1曲だけ演奏し、このライブを締めくくった。

この記事の画像(全13件)

SHANK「15th Anniversary One-Man Tour The Heavy Clash」2020年1月17日 新木場STUDIO COAST セットリスト

01. Surface
02. First Light Anthem
03. Smash The Babylon
04. Life is...
05. Departure
06. Phantom
07. 620
08. #8
09. Two sweet coffees a day
10. Good Night Darling
11. Take Me Back
12. Weather is Beautiful
13. Roots
14. Wake me up when night falls again
15. Hope
16. BOX
17. Wall Ride
18. Set the fire
19. Movie
20. TOP WATER
21. Wake Up Call
22. submarine
23. MONKEY FUCK
24. It's not a game
25. Honety
26. Knockin'on the door
27. The One Second Future
28. My sweet universe
29. Long for the Blue moon
30. Restart
31. BASIC
<アンコール>
32. Keep on Walking
33. drama queen
34. Love and Hate
<ダブルアンコール>
35. Stop the crap

全文を表示

関連記事

SHANKのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SHANK の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。