音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

TAKURO、モーションブルーでファンに捧げた“クリスマスプレゼント”

392

TAKURO

TAKURO

GLAYのTAKURO(G)が昨日12月24日に神奈川・MOTION BLUE YOKOHAMAでクリスマスライブ「GLAY TAKURO Christmas Live『Journey without a map 2019』」を開催した。

黒いスーツ姿で登場したTAKUROは「メリークリスマス! ようこそお越しくださいました。皆さん、TAKUROに何か期待していますね……? 今日は皆さんのサンタクロースになるために、おしゃれをしてきました。最後までゆっくり楽しんでいってください」と挨拶。「Lullaby」「Swingin' Tokyo 2020」を立て続けにプレイしたあと、類家心平(Trumpet)を呼び込んで「TM St.2am」「DANDY MAN」を披露した。TAKUROは「クリスマスイブという、皆さんにとっても大切なこの1日を、TAKUROと一緒に過ごすことを選んでくださって、本当にありがとうございます」とファンに感謝し、ソロワークスについて「続けることによって、自分の中に楽しいという思い、そして楽しませたいという思い、そういったぜいたくな望みが出てきまして。もっともっと皆さんを楽しませる……そういった音楽の力を蓄えたいなと思っております」と述べた。

その後もTAKUROは「TIMELESS WONDER」やB'zの松本孝弘から提供された「北夜色 Port Town Blues」を披露する。そしてTAKUROの「サラ、旅に連れて行ってくれますか? お願いします。」という曲振りから、前田サラ(Sax)のソロプレイで「Istanbul Night」の演奏がスタート。さらに石井ゆかこ(B)のソロで始まる「RIOT」や前田をイメージした楽曲だという「SARAH 派手にやれ!」が披露され、激しいサウンドが重なり合う中ライブは終了した。

アンコールで再びステージに姿を現したTAKUROは、つややかなギターサウンドが印象的な「SOUL FRIENDLY」を意気揚々と奏でる。そして「皆さんにプレゼントをしたいなと考えていて。物でもいいですが、それでは少しつまらないなと思い、皆さんとこの素晴らしい会場・MOTION BLUE YOKOHAMAをイメージしたクリスマスソングを作ってきました。皆さんに捧げます。皆さんに最高に幸せになってもらえますように」とこの日のために制作したという楽曲「Motion Christmas Blue YOKOHAMA」をしっとりと披露し、クリスマスライブの幕を下ろした。

音楽ナタリーをフォロー