パスピエ、山田裕貴主演ドラマに新曲「まだら」書き下ろし

599

パスピエが1月23日(木)からMBSほかで放送されるテレビドラマ「ホームルーム」のエンディング主題歌を担当する。

パスピエ

パスピエ

大きなサイズで見る(全2件)

ドラマ「ホームルーム」ビジュアル

ドラマ「ホームルーム」ビジュアル

「ホームルーム」は山田裕貴が演じるド変態ストーカー教師・愛田凛太郎主人公とした“学園サイコラブコメ”。パスピエの成田ハネダ(Key)と大胡田なつき(Vo)は、原作とドラマの台本を読み、新曲「まだら」を書き下ろした。成田はこの曲について「原作や台本を読んで、一見すると狂気ともとれる登場人物の行動、でもゆっくり紐解いていくと、そこにはストレートすぎる純粋な感情が招いた故であったり、という物語の二面性が入り混じる様相を感じまして、その雰囲気を楽曲で表現してみました」とコメントしている。なお「まだら」は2月5日に配信リリースされる。

この記事の画像(全2件)

成田ハネダ コメント

ドラマ「ホームルーム」のエンディング主題歌、「まだら」を書きおろさせていただきました。
原作や台本を読んで、一見すると狂気ともとれる登場人物の行動、でもゆっくり紐解いていくと、
そこにはストレートすぎる純粋な感情が招いた故であったり、という物語の二面性が入り混じる様相を感じまして、
その雰囲気を楽曲で表現してみました。
ドラマと共に、楽曲も楽しんでいただけたら嬉しいです。

関連記事

リンク