SCANDAL×キュウソ、人見知り同士アドレナリン全開で初競演した興奮の一夜

1270

SCANDALが11月9日に東京・チームスマイル・豊洲PITでキュウソネコカミとのツーマンライブを行った。

「SCANDAL TOUR 2019 “SCANDALの対バンツアー”」の様子。(撮影:ヤオタケシ)

「SCANDAL TOUR 2019 “SCANDALの対バンツアー”」の様子。(撮影:ヤオタケシ)

大きなサイズで見る(全17件)

SCANDALとキュウソネコカミ。(撮影:ヤオタケシ)

SCANDALとキュウソネコカミ。(撮影:ヤオタケシ)[拡大]

この公演はSCANDALが東阪で行うツーマンライブツアー「SCANDAL TOUR 2019 “SCANDALの対バンツアー”」の1公演目として行われたもの。この日初競演となるSCANDALとキュウソネコカミのステージを見届けようと、会場には大勢のファンが駆けつけた。

キュウソネコカミのステージの様子。(撮影:Viola Kam[V'z Twinkle])

キュウソネコカミのステージの様子。(撮影:Viola Kam[V'z Twinkle])[拡大]

定刻になると、オープニングSEと共にまずはキュウソの5人が登場。ヤマサキセイヤ(Vo, G)の咆哮を合図に演奏を開始し、1曲目からSCANDAL「瞬間センチメンタル」のカバーというサービス精神たっぷりの選曲でオーディエンスを歓迎した。続けて「MEGA SHAKE IT!」「メンヘラちゃん」「推しのいる生活」とアグレッシブなナンバーを畳みかけ、ヤマサキとヨコタシンノスケ(Key, Vo)の煽りを交えたパフォーマンスを披露。ライブの冒頭から観客を熱狂させた。SCANDALとの初競演についての緊張と興奮を語ったヤマサキは、以前彼女たちがキュウソの「ファントムヴァイブレーション」をカバーしたことについて言及。「カバーしてくれたことをTwitterで知ったんですけど、俺らめっちゃビビりやから『ありがとうございます』とかリプライ飛ばすこともできないやん」「女の子側から告ってくれるのを待つクソみたいな男だった」と発言すると、すかさずヨコタが「ただ俺たちは『やった! 超うれし!』と楽屋でキャッキャしてました」と明かした。

ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)(撮影:Viola Kam[V'z Twinkle])

ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)(撮影:Viola Kam[V'z Twinkle])[拡大]

客席で仁王立ちするヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)。(撮影:Viola Kam[V'z Twinkle])

客席で仁王立ちするヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)。(撮影:Viola Kam[V'z Twinkle])[拡大]

その後ヤマサキの「今日はSCANDALとキュウソネコカミが音楽をぶつけ合って、お互いに影響し合って、この先もいい曲が生まれたらいいなと思います。だから……変な曲やりまーす!」という言葉から、5人は「ファントムヴァイブレーション」を披露。ダンスや掛け合いなど観客を巻き込んだステージを展開した。ライブ後半の「DQNなりたい、40代で死にたい」では、メンバーが激しくヘッドバンギングを行い、オカザワカズマ(G)がお立ち台に登りハンドクラップを誘発。途中の「ヤンキーこわい」コールの部分では、客席にダイブしたヤマサキが観客の手に支えられながらゆっくりと仁王立ちする姿に歓声が起こり、会場が謎の一体感に包まれた。そして改めてSCANDALとオーディエンスへの感謝を述べたヨコタは「普段あまり対バンやらないロックバンドに誘われるっていうのは、ロックバンドとしてめちゃくちゃうれしくて」「これからもロックバンドとしてよろしくお願いします! 本当に今日は……ハッピーポンコーツ!」と叫び、ライブはラストスパートへ。カワクボタクロウ(B)のベースソロが光る「ハッピーポンコツ」を経て、「The band」ではソゴウタイスケ(Dr)のパワフルなプレイが炸裂。5人は客席からの熱い歓声を浴びながらステージをあとにした。

SCANDAL(撮影:ヤオタケシ)

SCANDAL(撮影:ヤオタケシ)[拡大]

演奏しながらHARUNAに駆け寄るTOMOMIとMAMI。(撮影:ヤオタケシ)

演奏しながらHARUNAに駆け寄るTOMOMIとMAMI。(撮影:ヤオタケシ)[拡大]

SCANDALは、まずHARUNA(Vo, G)とTOMOMI(B, Vo)のツインボーカル曲「LOVE SURVIVE」でライブを勢いよくスタートさせた。続いて「マスターピース」「瞬間センチメンタル」がパフォーマンスされ、HARUNAが「豊洲PIT最高じゃないですか……キュウソは会場をあっためすぎだー!」とシャウト。沸き立つ観客を前に、キュウソのステージについて「ちゃんと絡むのがほぼはじめましてという状況で、こんなに愛のあるライブをやってもらっちゃっていいんだろうか!」と喜びと興奮を語った。そして「STANDARD」で会場の熱気をさらに上昇させた彼女たちは、11月6日にリリースしたばかりの新曲「最終兵器、君」をダイナミックにパフォーマンス。HARUNAはハンドマイクで力強く歌唱し、3人は多様なエフェクトを盛り込んだ重厚感のあるサウンドを響かせて観客を圧倒した。

合唱する観客にマイクを向けるHARUNA(SCANDAL)。(撮影:ヤオタケシ)

合唱する観客にマイクを向けるHARUNA(SCANDAL)。(撮影:ヤオタケシ)[拡大]

MAMI(SCANDAL)(撮影:ヤオタケシ)

MAMI(SCANDAL)(撮影:ヤオタケシ)[拡大]

ライブ中盤では、RINA(Dr, Vo)がキュウソのライブを初めて観たという2017年の音楽イベント「KOYABU SONIC 2017」を振り返り、キュウソのセイヤとのエピソードを披露。セイヤが「コヤソニ」主催の小籔千豊に対し「『サマソニ』も出られたことないのに、『コヤソニ』に出られてうれしいです」と話していたことを紹介し、「そのひと言で人柄とかバンドのスタンスが伝わってきて(笑)。キュウソは粋で、キュートなバンドだなと思ってそこからファンになりました。今日のライブもめちゃくちゃ感動した!」と続けた。HARUNAは「キュウソとはこれまでフェスの現場ですれ違ったりしたことはあったけど、なにせお互い人見知りだから、目も合わせられない状況だった(笑)。でも今日はアドレナリン全開の中でバチバチやりあえて本当によかったです!」とコメント。そして自分たちの楽曲やライブに込める思いを述べたあと、観客に「日常の中に悲しいことや苦しいこともあるかもしれないけど、そういう気持ちをここに持ってきてくれて構わないから。むしろそういうネガティブな思いを超ハッピーな気持ちにして返すので、またこうやって会いに来てくれたら」と語りかけた。

「SCANDAL TOUR 2019 “SCANDALの対バンツアー”」の様子。(撮影:ヤオタケシ)

「SCANDAL TOUR 2019 “SCANDALの対バンツアー”」の様子。(撮影:ヤオタケシ)[拡大]

終盤にはエモーショナルなナンバー「HARUKAZE」「Flashback No.5」「会わないつもりの、元気でね」が立て続けに披露され、会場はますますヒートアップ。ラストナンバーの「SCANDAL BABY」では、MAMI(G, Vo)とTOMOMIがお立ち台に飛び乗りオーディエンスを煽ったり、2人が歌唱中のHARUNAの両肩に頬を寄せぴったりと寄り添ったまま演奏したりと、観客を大いに沸かせるパフォーマンスが展開された。そして4人はお互いの目を見合わせて最後の一音を鳴らし、熱狂のうちに公演の幕を下ろした。

なおSCANDALはこのツアーの大阪公演として11月17日に大阪・Zepp Osaka BaysideにてSiMとのツーマンライブを行う。

この記事の画像(全17件)

「SCANDAL TOUR 2019 “SCANDALの対バンツアー”」2019年11月9日 チームスマイル・豊洲PIT セットリスト

キュウソネコカミ

01. 瞬間センチメンタル(オリジナル:SCANDAL
02. MEGA SHAKE IT!
03. メンヘラちゃん
04. 推しのいる生活
05. ファントムヴァイブレーション
06. 記憶にございません
07. KENKO不KENKO
08. ビビった
09. DQNなりたい、40代で死にたい
10. ハッピーポンコツ
11. The band

SCANDAL

01. LOVE SURVIVE
02. マスターピース
03. 瞬間センチメンタル
04. STANDARD
05. 最終兵器、君
06. エレクトリックガール
07. テイクミーアウト
08. HARUKAZE
09. Flashback No.5
10. 会わないつもりの、元気でね
11. SCANDAL BABY

全文を表示

※記事初出時、一部曲名の表記が誤っておりました。訂正してお詫びいたします。

関連記事

SCANDALのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SCANDAL / キュウソネコカミ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。