音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Age Factory満員のリキッドで迎えたツアーファイナル、佐藤千亜妃と最新曲熱唱

358

Age Factory「ONE MAN TOUR 2019『HOPE』」ファイナル東京・LIQUIDROOM公演の様子。(撮影:西槇太一)

Age Factory「ONE MAN TOUR 2019『HOPE』」ファイナル東京・LIQUIDROOM公演の様子。(撮影:西槇太一)

Age Factoryが10月19日に東京・LIQUIDROOMでワンマンツアー「ONE MAN TOUR 2019『HOPE』」の最終公演を行った。

このツアーはDAIZAWA RECORDSに移籍したAge Factoryが3作連続で発売した新曲3部作「CLOSE EYE」「HIGH WAY BEACH」「nothing anymore」を携え、9月から全国5都市で行ってきたもの。ファイナルのLIQUIDROOMは約1000人のファンがフロアにひしめき、開演前から熱気に満ちていた。

大きな歓声と拍手に迎えられ、清水エイスケ(Vo, G)、西口直人(B, Cho)、増子央人(Dr, Cho)の3人がステージに登場。清水の「来てくれてありがとう。俺たちは何かを成し遂げられる気がするよ!」という力強い挨拶ののちに、バンドは「RIVER」でライブをスタートさせる。彼らは「CLEAN UP」「WORLD IS MINE」とアッパーな楽曲を激しい演奏で連投し、観客のボルテージを一気に上昇させていった。

清水が「冬の曲を1曲」と紹介して歌い始めた「million」からは会場の空気が一転。これまでに奏でられたハイテンションな曲調から温かみのあるサウンドに変わり、続けて清水は穏やかな歌声で「白昼夢」を届けた。また9月に配信したばかりの最新曲「nothing anymore」について清水は、「メンバーみんな奈良に住んでいるんですけど、歩く場所すべてに思い出があって、俺たちの匂いがして。今までとこれからの挟間で『もう何もいらないな』と感じて書いた曲です」と紹介し、楽曲にも参加した佐藤千亜妃をサプライズゲストとして呼び込む。大歓声に応え「よろしく」と短く挨拶した佐藤は、「nothing anymore nothing anymore 何も要らない要らないよ」と繰り返されるエモーショナルなサビに透明感あふれるコーラスで寄り添い、わずか1曲だけのコラボレーションでステージをあとにした。

佐藤が去ったあとで「なんの思い出話もせんかったな。ミスった」と残念がった清水だが、ノスタルジックなムードを打ち消すように激しいロックナンバー「GOLD」でライブ後半の幕を開ける。「この曲だけは撮っていいから。好きに楽しんでくれ」と前置きした「CLOSE EYE」では、オーディエンスが各々スマートフォンを掲げながら演奏に酔いしれていた。「気持ちいいー!」と歓喜した清水は、「歌えるやつは歌って」と、「HIGH WAY BEACH」「さらば街よ」「SUNDAY」など疾走感ある楽曲を次々と歌い上げていき、「TONBO」では大合唱を巻き起こした。そして「ほんまに楽しかったありがとう。また夢で会おう」と満員のフロアに向けて感謝を述べた清水は「See you in my dream」を熱唱した。

アンコールの声に応えて再びステージに現れたAge Factoryは最後に「ロードショー」を披露。清水の熱く伸びやかなボーカルが会場を包み込み、熱狂の中でツアーファイナルを終えた。また彼らは2020年5月5日に大阪・クリエイティブセンター大阪で主催イベント「NOVA CITY」を開催することを発表。このイベントにはAge Factoryが選んだアーティストが10組以上出演する予定となっている。LINEチケットでは10月28日までチケットの先行予約を受付中。

Age Factory「ONE MAN TOUR 2019『HOPE』」2019年10月19日 LIQUIDROOM セットリスト

01. RIVER
02. CLEAN UP
03. WORLD IS MINE
04. NOHARA
05. Puke
06. Yellow
07. million
08. 白昼夢
09. nothing anymore
10. GOLD
11. HUNGRY/猿
12. CLOSE EYE
13. HIGH WAY BEACH
14. さらば街よ
15. SUNDAY
16. グリーングリーン
17. Tours
18. TONBO
19. See you in my dream
<アンコール>
20. ロードショー

Age Factory presents「NOVA CITY」

2020年5月5日(火・祝)大阪府 クリエイティブセンター大阪

音楽ナタリーをフォロー