EGO-WRAPPIN'、秋の野音も盛り上げた恒例の「Dance, Dance, Dance」

708

EGO-WRAPPIN'のワンマンライブ「Dance, Dance, Dance」が9月23日に大阪・大阪城音楽堂、29日に東京・日比谷野外大音楽堂にて開催された。「夏の野外で踊れる」というテーマのもと夏の恒例企画として毎年行われてきた「Dance, Dance, Dance」。例年よりも少し遅い9月に行われた今回の公演では、秋の気配を感じさせる過ごしやすい気候の中、観客たちはリラックスした様子でバンドの演奏を楽しんでいた。本稿では東京公演の模様をレポートする。

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」東京公演の様子。

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」東京公演の様子。

大きなサイズで見る(全12件)

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」東京公演の様子。(撮影:仁礼博)

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」東京公演の様子。(撮影:仁礼博)[拡大]

中納良恵(Vo)(撮影:仁礼博)

中納良恵(Vo)(撮影:仁礼博)[拡大]

オープニングSEのSly & The Family Stone「Dance To The Music」が鳴り響く中、森雅樹(G)がサポートメンバーの清水恒輔(B / mama!milk)、山口とも(Dr)、トウヤマタケオ(Piano, Key)、icchie(Tp / YOSSY LITTLE NOISE WEAVER)、武嶋聡(Sax)を従えてステージに登場。この日のライブは、エキゾチックなインスト「Blue Soul」で幕を開けた。2曲目の「10万年後の君へ」がスタートすると、トロージャン風に髪を逆立てた中納良恵(Vo)がステージに現れ、軽快なステップを踏みながら客席をエモーショナルに煽る。「裸足の果実」を歌い終えた中納は、すっかり日が落ちて涼しくなった会場を見渡して「こうやって外でビールを飲めるのも今日が最後かな……消費税も10%になるし。堪忍してえな(笑)」と笑いながら語り観客を和ませた。

森雅樹(G)(撮影:仁礼博)

森雅樹(G)(撮影:仁礼博)[拡大]

中納の「ROCK ON!」という掛け声をきっかけに「PARANOIA」「CAPTURE」といったアップチューンが繰り出されると客席のボルテージが急上昇していく。そして森のシャープなカッティングからHaircut 100「Favorite Shirts(Boy Meets Girl)」のカバーが披露されると、甘酸っぱくも情熱的なファンカラティーナの旋律が場内に響き渡った。

ニューウェイブ風のサウンドが印象的な「human beat」、中納がホーン隊とそろいの振り付けを披露した「Shine Shine」、勇壮なホーンの響きに心躍る「BRAND NEW DAY」といった楽曲でひとしきり場内を盛り上げたのち、バンドは「ちょっと昔の曲やろ」という森の言葉に続けてスウィートなアレンジを施した「Calling me」を演奏。そしてライブのエンディングを飾ることも多いバラード「サニーサイドメロディー」が届けられると客席から大きな歓声が沸き起こった。

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」東京公演の様子。(撮影:仁礼博)

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」東京公演の様子。(撮影:仁礼博)[拡大]

獣を思わせる森のグロウルが場内に怪しく響き渡るとエゴはLee Perry & The Upsettersの「Jungle Lion」をカバー。続けてメンバーが美しいハーモニーを聞かせたマイケル・ジャクソン「We've Got A Good Thing Going」のロックステディ調カバー、晴れやかなスカチューン「心象風景」などジャマイカンミュージック色の強い楽曲を演奏して心地いい雰囲気を作り上げた。

「色彩のブルース」は中納のアカペラでスタート。彼女の愁いを帯びた歌声に寄り添うように森がささやかにギターを爪弾く。繊細かつドラマティックな演奏に観客は息をのむようにじっと耳を傾けていた。自らが弾くピアノの調べに乗せて中納が力強い歌声を聞かせた「WHOLE WORLD HAPPY」を挟み、エゴはライブでの定番と化しているキラーチューン「くちばしにチェリー」「GO ACTION」をプレイ。一気に畳みかけるようなテンションの高いパフォーマンスで会場を爆発的に盛り上げてステージをあとにした。

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」東京公演の様子。(撮影:仁礼博)

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」東京公演の様子。(撮影:仁礼博)[拡大]

アンコールに応えて再びステージに登場したエゴは穏やかなバラード「衛星ハロー」に続けて、「最後はボーンといきましょうか」という中納の言葉から「a love song」を演奏。秋の野音ワンマンはロマンティックなムードが漂う中フィナーレを迎えた。

なおEGO-WRAPPIN'のYouTube公式チャンネルでは本公演より「心象風景」と「色彩のブルース」のライブ映像が公開されている。

この記事の画像・動画(全12件)

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」2019年9月29日 日比谷野外大音楽堂 セットリスト

01. Blue Soul
02. 10万年後の君へ
03. 裸足の果実
04. PARANOIA
05. CAPTURE
06. Favorite Shirts(Boy Meets Girl)
07. human beat
08. Shine Shine
09. BRAND NEW DAY
10. Calling me
11. サニーサイドメロディー
12. Jungle Lion
13. We've Got A Good Thing Going
14. 心象風景
15. 色彩のブルース
16. WHOLE WORLD HAPPY
17. くちばしにチェリー
18. GO ACTION
<アンコール>
19. 衛星ハロー
20. a love song

全文を表示

EGO-WRAPPIN'のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 EGO-WRAPPIN' / YOSSY LITTLE NOISE WEAVER の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。