音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

まふまふ、ひと夏の恋模様描いた「それは恋の終わり」MVに佐野勇斗&高橋ひかる出演

7938

まふまふ「それは恋の終わり」ミュージックビデオのワンシーン。

まふまふ「それは恋の終わり」ミュージックビデオのワンシーン。

まふまふの新曲「それは恋の終わり」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

「それは恋の終わり」は10月16日にリリースされるニューアルバム「神楽色アーティファクト」の収録曲。まふまふにとって約1年ぶりの実写MVではひと夏の恋模様が描かれ、キャストの佐野勇斗M!LK)と高橋ひかるのみずみずしい演技が楽曲の世界に彩りを添えている。

MVに出演した佐野は「まふまふさんの美しくて透き通った声に、切ない歌詞が、心に沁み渡りました。夏の終わりを感じさせたり、夏の夕方に聴こえてきそうな虫の声が楽曲に使用されてますが、切ないけど、どこか懐かしくて素敵な曲だなと思いました」と述べ、高橋は「まふまふさんの楽曲は儚さも美しさも力強さも共存していて、今回の『それは恋の終わり』も切なくも美しくて苦しくて、恋の味がギュッと詰まった一曲だなと思いました!」と楽曲についてコメントしている。

ニューアルバム「神楽色アーティファクト」の初回限定盤Aの特典DVDには、まふまふの演奏シーンにフォーカスした「それは恋の終わり」のMVが収められる。

佐野勇斗 コメント

ミュージックビデオの撮影終えて、今年の夏の思い出が作れたような気がして、とても楽しかったです。神社に行ってお参りして、ラムネ飲んで、花火を見たりと、こんなデートしてみたいなって思いました。
まふまふさんの美しくて透き通った声に、切ない歌詞が、心に沁み渡りました。
夏の終わりを感じさせたり、夏の夕方に聴こえてきそうな虫の声が楽曲に使用されてますが、切ないけど、どこか懐かしくて素敵な曲だなと思いました。

高橋ひかる コメント

まふまふさんの楽曲は儚さも美しさも力強さも共存していて、今回の「それは恋の終わり」も切なくも美しくて苦しくて、恋の味がギュッと詰まった一曲だなと思いました!
女性のことを忘れられない男性が二人で過ごした楽しくも切ない夏の記憶を思い出しながら、その時の楽しそうな2人を見つめているのが切なくて、、MVを見てくださる方にもその気持ちに共感してもらえたら嬉しいです!

高橋ひかるの高は、はしごだかが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー