音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

女王蜂、ツアーファイナル公演で映画「東京喰種【S】」主題歌初披露

3405

女王蜂(撮影:森好弘)

女王蜂(撮影:森好弘)

女王蜂の全国ツアー「全国ツアー2019『十』 -火炎-」のファイナル公演が、昨日7月11日に東京・新木場STUDIO COASTにて開催された。

最新アルバム「十」の発売と前後し、Zepp各公演を含む全国17公演にわたって行われたこのツアー。全国各地の公演に続いてファイナルのチケットもソールドアウトし、満員の観客が固唾をのんで開演を待った。

開演時刻を迎え、ステージの幕が開くとルリちゃん(Dr)、ひばりくん(G)、やしちゃん(B)とサポートメンバーのみーちゃん(Key)が次々とステージへ。そしてアヴちゃん(Vo)が現れて「Are you ready?」と観客に呼びかけると、フロアでは大歓声が沸き起こった。「DANCE DANCE DANCE」「火炎」をパワフルに響かせたあと、アヴちゃんは「金星」のイントロをアカペラで歌いオーディエンスを魅了する。「金星」の2番に差しかかったところで曲は「デスコ」へと切り替わり、場内の熱気をさらに高めた。

「催眠術」では衣装のジャケットを脱いだアヴちゃんが妖艶な歌声を聴かせる。「折り鶴」「あややこやや」の鬼気迫るサウンドでフロアを圧倒したあと、「空中戦」ではときに柔らかく、ときに激しいアンサンブルでオーディエンスを翻弄した。中盤でいったんメンバーがステージを去り、1人残ったアヴちゃんはアルバムのタイトル曲「十」の一節をアカペラで歌い上げ、作品の世界を改めて観客に提示した。じっと聴き入るフロアに向け、アヴちゃんはマイクを通さずに「どうもこんばんは、女王蜂です」と挨拶し、会場の空気をいったん和ませた。

ステージにひばりくんを迎えたアヴちゃんは「一緒に歌って、踊ってください」と呼びかけ、「催眠術」をギター1本の伴奏で歌う。途中からルリちゃん、やしちゃん、みーちゃんも加わり、会場を再び力強いバンドサウンドの熱気へと戻していった。ヘヴィな低音でCOASTを揺らす「HALF」、深みを感じさせるアレンジが印象的な「もう一度欲しがって」といったナンバーのあと、アヴちゃんは全国のZeppを巡った今回のツアースケジュールを振り返り「Zeppツアーはやりたいことの1つだったから、今回できてすごくうれしいです」と語った。

「十」収録曲の「聖戦」は映画「貞子」、「Introduction」は映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」の主題歌に使用されている。相次ぐ映画主題歌についてアヴちゃんは「(2作とも)主人公が“ぶっちぎり系”ですけど、私もぶっちぎり系ですから。皆さんもぶっちぎれるようにこれからもぶっちぎっていきます」と意気込み、大きな拍手を浴びた。その後は荘厳なアンサンブルが印象的な「聖戦」をパフォーマンスし、ライブを締めくくる。オーディエンスの鳴り止まない拍手の中、再びメンバーはステージへ。アヴちゃんは「初披露するよ?」と笑顔を浮かべ、メンバーと顔を見合わせながらこの日がライブ初披露となった「Introduction」を熱唱。COASTにこの日一番の熱気をもたらしたあと「またお会いしましょう!」と優雅に挨拶し、ステージをあとにした。

「Introduction」が主題歌の「東京喰種 トーキョーグール【S】」は、7月19日に公開。女王蜂は今回のツアーに続き、8月8日に“蜂の日”恒例のワンマンライブを東京・東京キネマ倶楽部で開催し、11月からは初のホールツアーを行う。またアヴちゃんは8月31日より、浦井健治との二人芝居となるミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」に出演する。

音楽ナタリーをフォロー