音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「アイドリッシュセブン」2nd ライブ、今年は16人で!初披露含む29曲熱演

3057

スマートフォン向けリズムアクションゲーム「アイドリッシュセブン」のライブイベント「アイドリッシュセブン 2nd LIVE『REUNION』」が7月6日と7日の2日間、埼玉・メットライフドームで開催された。音楽ナタリーでは6日のレポートをお届けする。

この公演にはIDOLiSH7の七瀬陸役の小野賢章、和泉一織役の増田俊樹、二階堂大和役の白井悠介、和泉三月役の代永翼、四葉環役のKENN、逢坂壮五役の阿部敦、六弥ナギ役の江口拓也、TRIGGERの八乙女楽役の羽多野渉、九条天役の斉藤壮馬、十龍之介役の佐藤拓也、Re:valeの百役の保志総一朗、千役の立花慎之介に加え、ZOOLの亥清悠役の広瀬裕也、狗丸トウマ役の木村昴、棗巳波役の西山宏太朗、御堂虎於役の近藤隆が出演した。センターステージをメインにした舞台上で華やかなパフォーマンスが繰り広げられ、会場に詰めかけた約4万人の“マネージャー”(アイドリッシュセブンファンの呼称)は360°から16人の熱演を楽しんだ。

定刻を迎え、センターステージ上のスクリーンに各グループのメンバーが映し出されると会場は早くもヒートアップ。マネージャーはペンライトの色を各メンバーカラーに変え、それぞれの名前を力いっぱい叫んだ。「REUNION」のキービジュアルを彷彿させる衣装をまとった16人が登場すると、マネージャーのテンションはさらに上昇。センターステージの周りに炎が上がる演出を経て陸が開幕の合図を叫び、「NATSU☆しようぜ!」で勢いよくライブはスタートした。昨年同会場で行われた「アイドリッシュセブン」の1stライブ「Road To Infinity」のアンコールを飾ったこの曲で、IDOLiSH7、TRIGGER、Re:valeの3組は水鉄砲を片手に熱唱して会場を盛り上げる。最後に陸と天が固い握手を交わしたあと、「アイドリッシュセブン」のライブでは恒例となっている水分補給のコーナーへ。大和は昨年に続き、ほかのメンバーと異なる黒い液体を飲んで会場の笑いを誘った。

IDOLiSH7のステージは、シングル「ナナツイロ REALiZE」のカップリング曲「Viva! Fantastic Life!!!!!!!」で幕開け。待ちわびたマネージャーの歓声がイントロが流れた瞬間から響き渡った。「Dancing∞BEAT!!」「RESTART POiNTER」でアニメ映像とリンクした演出を見せてマネージャーを楽しませたIDOLiSH7に続き、Re:valeは初披露となる「激情」「永遠性理論」でオーディエンスの喝采をさらう。次に登場したのは今回が「アイドリッシュセブン」のライブ初参加で、“狂気と破壊の、テトラルキア”というキャッチコピーのZOOL。悠とトウマがボーカリスト、巳波と虎於がパフォーマーを務めているグループだが、この日は4人それぞれの歌唱パートが設けられ、CDとは異なる歌割りでライブが展開された。4人はデビューシングル「Poisonous Gangster」、歪んだサウンドが轟く「LOOK AT...」で観客に鮮烈なインパクトを与えてステージをあとにした。

ゲーム「アイドリッシュセブン」3部のストーリーでは、TRIGGERはZOOLの所属事務所ツクモプロダクションに陥れられ、ゼロアリーナで行われた音楽イベント「東京国際音楽芸術祭」には龍之介のみで出演することになってしまう。その様子を再現するかのように、龍之介は1人センターステージに登場すると「願いはShine On The Sea」の最初のフレーズをアカペラで熱唱。そのあと合流した天、楽と共に最後まで力強く歌い切った龍之介はこらえきれず涙を流した。TRIGGERがステージを降りたあとは、環と壮五によるユニット・MEZZO"が切ないラブソング「miss you...」で息の合ったハーモニーを響かせる。環が “めぞ”と称した水を飲む水分補給コーナーを経て、ピアノバラード「月明かりイルミネイト」では2人はセンターステージで個性の異なる歌声を重ね、観客を聴き入らせた。

再び登場したZOOLは新曲「ZONE OF OVERLAP」の迫力のあるダンスと歌声でオーディエンスを圧倒した。続いてIDOLiSH7が「THANK YOU FOR YOUR EVERYTHING!」を歌おうとスタンバイ。マネージャーにタオルを回すように呼びかけつつ、周りの人に当たらないように注意を促した。またタオルが周りの人に当たった際に場を和ませる方法の例として、メンバー同士がハグを交わし合う。仲睦まじいメンバーの姿にマネージャーは悲鳴のような歓声を上げた。ゲーム「アイドリッシュセブン」のイベントストーリー「星巡りの観測者」をイメージした衣装に着替えたRe:valeは、そのイベントテーマソング「星屑マジック」を披露。観客は映像と連動して円形ステージ上の2人が離れていく演出にじっくり見入っていた。スタンド席後方から姿を現してファンを驚かせたTRIGGERは、新曲「Crescent rise」をこの日初公開となる“三日月”がテーマのアニメ映像と共に届けた。

ライブも終盤に差しかかった頃、IDOLiSH7は事前に観客に配布されていたミニペンライトを灯すよう促す。会場に幻想的な光景が広がる中、同じくライトを手にしたIDOLiSH7は、客席を照らしながらゆっくりとセンターステージに歩みを進めた。7人は「ナナツイロ REALiZE」のキュートな振り付けのダンスで盛り上げたあと、初期曲「MEMORiES MELODiES」、テレビアニメ「アイドリッシュセブン」第1期のオープニングテーマ「WiSH VOYAGE」を披露。そして彼らが本編最後の楽曲にセレクトしたのは、デビューシングル「MONSTER GENERATiON」。この楽曲はテレビアニメ「アイドリッシュセブン」第2話でIDOLiSH7が初ライブを行った際に披露した楽曲で、そのとき集まった観客はたったの9人だった。7人はこの思い出深い楽曲を、約4万人を前に堂々とパフォーマンス。会場には金と銀のテープが降り注いだ。

アンコールでは、それぞれのソロバージョンがシングルとしてリリースされている「Wonderful Octave」をIDOLiSH7、TRIGGER、Re:valeの3組でパフォーマンス。最後はZOOLも加わり、「Welcome, Future World!!!」で16人の歌声をドームに響かせる。最後に陸が肉声で感謝を伝え、彼らはマネージャーに向かって深々とお辞儀をしてステージをあとにした。

アイドリッシュセブン 2nd LIVE「REUNION」
2019年7月6日 メットライフドーム セットリスト

01. NATSU☆しようぜ! / Re:vale & TRIGGER & IDOLiSH7
02. Viva! Fantastic Life!!!!!!! / IDOLiSH7
03. Dancing∞BEAT!! / IDOLiSH7
04. RESTART POiNTER / IDOLiSH7
05. 激情 / Re:vale
06. 永遠性理論 / Re:vale
07. Poisonous Gangster / ZOOL
08. LOOK AT... / ZOOL
09. 願いはShine On The Sea / TRIGGER
10. DIAMOND FUSION / TRIGGER
11. In the meantime / TRIGGER
12. miss you... / MEZZO"
13. 月明かりイルミネイト / MEZZO"
14. ZONE OF OVERLAP / ZOOL
15. GOOD NIGHT AWESOME / IDOLiSH7
16. THANK YOU FOR YOUR EVERYTHING! / IDOLiSH7
17. Happy Days Creation! / Re:vale & IDOLiSH7
18. 星屑マジック / Re:vale
19. NO DOUBT / Re:vale
20. DAYBREAK INTERLUDE / TRIGGER
21. Crescent rise / TRIGGER
22. SECRET NIGHT / TRIGGER
23. ナナツイロ REALiZE / IDOLiSH7
24. MEMORiES MELODiES / IDOLiSH7
25. WiSH VOYAGE / IDOLiSH7
26. MONSTER GENERATiON / IDOLiSH7
<アンコール>
27. Wonderful Octave / Re:vale & TRIGGER & IDOLiSH7
28. PARTY TIME TOGETHER / Re:vale & TRIGGER & IDOLiSH7
29. Welcome, Future World!!! / Re:vale & TRIGGER & IDOLiSH7 & ZOOL

※ZOOLのZはアキュートアクセント付き、Lはセディーユ付きが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー