音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

真野恵里菜、初主演映画で海外進出「ホラーは苦手」

32

真野恵里菜が初主演を務める映画「怪談新耳袋 怪奇」が、9月に日本公開。この映画のワールドプレミア上映が7月1日にロサンゼルスで行われることを記念して、本日6月24日に都内で出発式が開催された。

この映画は、BS-TBSで放送され人気を博したショートオムニバスドラマ「怪談新耳袋」シリーズの、約4年ぶりとなる劇場作品。「ツキモノ」「ノゾミ」という2本の作品から構成され、真野は両ストーリーでそれぞれ別の主人公を演じている。

今回のワールドプレミアは、日本でブレイク中のアイドルを世界に発信する企画「ジャパニーズアイドル project」の一環として実施。7月1日にはロサンゼルスのCLUB NOKIAにてプレミア上映のほか、舞台挨拶やミニライブが各2回予定されており、トータルで約5000人の動員が見込まれている。

初主演映画がホラー作品となった真野は、「ホラー映画が苦手で、今まで観てなかったんです。でも、映画は憧れていたんで出演できてうれしい。しかもひとつの作品で2つの役を演じられるし」とコメント。撮影時のエピソードを訊ねると、「夜の学校で撮影してたとき、急に電気が落ちて。スタッフさんが電気をつけようとしたら、勝手に電気がついた」「マネージャーさんがパソコンに『新耳』というファイルを作ると、パソコンの調子がおかしくなる」といった不思議な体験談を語ってくれた。

また今回の渡米に向けて、シカゴで活躍する新進気鋭のデザイナー4人が、真野のためだけにデザインしたオリジナルドレス5着を制作。この日の真野はそのうちの1着を身にまとってステージに立った。真野は「世界にひとつ、私だけのものなのでうれしい。こういう形のドレスって今まで着たことがなかったので、とても幸せです」と素直に喜びを表現した。

そして、真野は主演のみならずこの映画の主題歌も担当。「-家へ帰ろう-」と題されたこの新曲は、9月15日にリリース予定の8thシングルのカップリングに収録される。この曲の2コーラス目は、海外上映を意識して英語詞で歌唱。初の英語詞チャレンジとなった真野は、「今まで(英語詞の曲を)歌ったことがなくて最初は不安だったけど、自分の中での出来は80点。ロスに行ったら現地の人に感想を聞いてみたい」とはにかみながら語った。

最後に、この日の深夜にはサッカーワールドカップの日本対デンマーク戦が開催されることにちなんで、今夜の試合はどちらか勝つかと質問。真野は「本田(圭佑)選手が1点取って、川島(永嗣)選手が必死に守って勝ちます!」と、日本の勝利を予想。ガッツポーズで「ガンバレニッポン!」と、日本代表にエールを送った。

音楽ナタリーをフォロー