音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

細野晴臣、オダギリジョー長編初監督作品「ある船頭の話」にマタギ役で出演

1620

細野晴臣が、9月13日公開の映画「ある船頭の話」の新キャストの1人として発表された。

「ある船頭の話」はオダギリジョーの長編初監督作として話題を集めている映画作品。時代に取り残される主人公の船頭・トイチを柄本明が演じ、謎めいたヒロイン役には川島鈴遥、トイチを慕い多くの時間を共に過ごす村人・源三役には村上虹郎がキャスティングされている。

このたび細野と共に新キャストとして発表されたのは伊原剛志浅野忠信村上淳蒼井優笹野高史草笛光子永瀬正敏橋爪功といった面々。細野が演じるのはマタギの親方で、永瀬はそのマタギの息子・仁平、伊原は川上で建設中の橋の関係者、浅野は馴染みの客、村上淳は上流で起こった事件の噂話を聞きつける商人、蒼井は華やかな芸妓、笹野は酪農を営むにぎやかな客、草笛は生まれ故郷に戻る女性、橋爪功は町医者を演じる。

音楽ナタリーをフォロー