ある船頭の話

ある船頭の話

アルセンドウノハナシ

2019年9月13日(金)公開[PG-12] / 上映時間:137分 / 製作:2019年(日本) / 配給:キノフィルムズ=木下グループ

(C)2019「ある船頭の話」製作委員会

解説 俳優のオダギリジョーが、柄本明、村上虹郎を迎え、“人間らしい生き方とは“というテーマに挑んだ長編初監督作品。橋の建設が進む山村を舞台に、川岸に住む船頭のトイチと、村人の源三、トイチの前に現れた少女が幸せを模索する姿を描く。撮影監督にクリストファー・ドイル、衣装デザインはワダエミなど世界から一流クリエイターたちが集まった。

ストーリー 日本の原風景が広がる山村のとある川で、村と町を繋ぐために船頭を続けるトイチは、村人の源三が遊びに来るとき以外は、黙々と渡し船を漕ぐ日々を過ごしていた。しかしある日、トイチの前にひとりの少女が現れ、トイチの人生を大きく変える存在になっていく。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全14件)