音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

女々しくて×3!GLAYとゴールデンボンバー、平成最後の対バンで互いの曲をカバー

3483

アンコールでセッションをするGLAYとゴールデンボンバー。

アンコールでセッションをするGLAYとゴールデンボンバー。

昨日4月27日に千葉・幕張メッセ国際展示場にて開催された「ニコニコ超会議2019」の一環で、GLAYゴールデンボンバーの対バンライブ「超プレミアムライブ GLAY × ゴールデンボンバー in 超音楽祭2019」が行われた。

以前から交流はあったものの、2組がツーマンライブを行うのは今回が初めて。貴重な競演を目撃すべく、会場となったホール11には大勢の観客が集まり、早々にフロアは満員となった。先攻を務めたゴールデンボンバーは、鬼龍院翔(Vo-karu)がTERU(Vo)、喜矢武豊(Gita-)がHISASHI(G)、歌広場淳(Be-su)がJIRO(B)、樽美酒研二(Doramu)がTAKURO(G)に扮するなど、衣装込みで“先輩”GLAYへのリスペクトを表明。さらに1曲目としてGLAYの代表曲「誘惑」を届け、オーディエンスとライブの生中継を楽しむ視聴者を狂喜させた。2曲目は自分たちの曲を披露するのかと思いきや、スピーカーから聞こえてきたのは「彼女の“Modern…”」のイントロ。4人はGLAYになりきり熱演を展開し、中でも喜矢武と樽美酒は間奏で向かい合ってギターを披露し、満足げに頷き合った。GLAYのカバーを2曲連続でパフォーマンスする予想外の展開に観客が驚く中、鬼龍院の「まだまだいくぞ!」という言葉から今度はGLAYの「口唇」のイントロが流れ出す。しかし、間髪入れずに歌広場が「もういいよ!」とストップをかけ、「口唇」ではなく「元カレ殺ス」につなげた。

MCでは鬼龍院が「ホントに光栄です。GLAYさんの音楽を聴いて育ってきた人間なので……」と感慨深そうに語り、喜矢武は「HISASHIだよ! ひー様だよ!」と元気いっぱいに挨拶しつつGLAYのライブではおなじみの“GLAYチョップ”がうまくできないと悩みを吐露。樽美酒は「どこからどう見てもTAKUROです」とうそぶきながら、「TAKUROさんの素晴らしさを全世界に伝えたい! 私が責任をもってTAKUROさんをPRさせていただきます!」と宣言した。そんな“前振り”に続いた「抱きしめてシュヴァルツ」では、喜矢武が“GLAYチョップ”習得のためにGLAYの「サバイバル」をBGMにトレーニングを始め、その後ろで樽美酒がTバック姿の臀部を「T」の文字に見立て、「AKURO」と書かれたボードの横に立つというカオスな光景がステージで繰り広げられる。さらに喜矢武は“GLAYチョップ”で瓦を割ってみせ会場を沸かせた。

その後もGLAYへのリスペクトを込めた演出が続出。鬼龍院曰く「夏の曲を作ったらGLAYの曲っぽくなった」という「TAKUROさんの夏」では、鬼龍院が熱唱する横で喜矢武がGLAYの「HOWEVER」がCMソングとして使用された「日清カップヌードル」と、かつてGLAYがCMに出演していたチョコレート菓子「ホルン」を猛烈な勢いで口に詰め込む。さらに「まさし」では歌詞に登場する「まさし」をすべて「HISASHI」に変えてパフォーマンスし、終始盛大なHISASHIコールを巻き起こした。とどめとばかりに披露されたのは、かつて鬼龍院が読んだマンガ「GLAY物語」に影響されて作った「GLORY LOVE」。GLAYの楽曲を思わせる壮大なロックチューンを4人は思い入れたっぷりに披露した。終盤のブロックでメンバーは、新元号である「令和」を連呼するユーロビート調の新曲「令和」や大ヒット曲「女々しくて」を全力でパフォーマンス。最後に鬼龍院は「次はGLAYさんだー!」とうれしそうに叫んで退場した。

後攻のGLAYはゴールデンボンバーへのお返しのように、「女々しくて」でライブを開始。HISASHIが華麗なギターソロを盛り込むなど、GLAY流のアレンジが光るパフォーマンスに双方のファンは大喜び。ステージ上方に設置された生中継の画面には絶賛のコメントが流れ続け、大盛り上がりの中、TERUの「いくぞ!」の掛け声を機に4人は“本家”の「誘惑」を演奏した。

この日のGLAYは代表曲の数々を惜しみなく盛り込んだ、サービス精神旺盛なセットリストを用意。1999年夏に幕張メッセで行われた「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」を彩った「サバイバル」や、ひやりとした冬の空気を感じさせる1999年リリースのバラード「Winter,again」、1998年に「誘惑」と同時リリースされたヒット曲「SOUL LOVE」、1996年リリースの「グロリアス」など平成時代の音楽チャートをにぎわせてきた楽曲を、TERUの伸びのある歌声と盤石のバンドサウンドで次々と披露した。TERUは「平成最後にいい思い出を作りたいと思って、参加させていただきました」と述べ、「愛あるいじりをしていただきまして」とゴールデンボンバーのステージについてうれしそうに言及。さらに元号が変わり、新たな時代を迎えるにあたって作った新曲「元号」について説明すると、未来や社会へのメッセージを込められた新曲を歌詞をスクリーンに映しながらエモーショナルに歌い上げた。

TAKUROとHISASHIが弾くブルージーなイントロで始まる「生きがい」、壮大な情景を描き出すミディアムチューン「愁いのPrisoner」を経て、ニコニコ動画の“うp主”でもあるHISASHIがMCを開始。「去年はピンで出させてもらって。GLAYのメンバーやファンにこういった文化を楽しんでもらいたいと思って、僕から(出演を)お願いしました」と出演の経緯を語った。続けてTERUに促され、カメラ目線で「だいたいオマエ気に入らねー!」と言い放つ。そんなHISASHIのセリフに続いて、TERUがシャウトし続ける「FATSOUNDS」が始まりフロアは沸騰状態に。熱気冷めやらぬまま今度はJIROが「楽しいね。もっといきたいね」と笑顔で口にし、ライブの人気曲「SHUTTER SPEEDSのテーマ」を叩き込むと大歓声が沸き起こった。TERUとTAKUROはイベント名にちなんで「ニコニコ」を連呼して楽しげな表情を浮かべ、JIROも笑顔でベースを勢いよくプレイ。それぞれがGLAYとして初めての「ニコニコ超会議」を満喫している様子を見せる。そして4人はゴールデンボンバーへのアンサーのように本家の「彼女の“Modern…”」をパフォーマンスして、TERUの「平成最後のGLAYでした。愛してるぜ!」の言葉と共にステージを降りた。

アンコールでは肩を抱きながら登場したTERUと鬼龍院を筆頭に、GLAYとゴールデンボンバーのメンバー全員がステージに集結。ゴールデンボンバーの4人がGLAYのコスプレをしたまま登場したため、TERUが「HISASHIと喜矢武については似すぎてるんだよ。さっきJIROが喜矢武に声をかけそうになってた」と明かすほどだった。ライブのラストを飾ったのは2組のコラボレーションによるこの日3回目の「女々しくて」。TERUと鬼龍院がツインボーカルで熱唱する横で、楽器隊の面々は気合いの入ったプレイを繰り広げ、観客は振り付けを全力で踊る。TAKUROは「ゴールデンボンバーなんて大嫌いだー」と笑いながら叫び、TERUは「ゴールデンボンバー、大好き!」と告白。JIROは「最高に楽しかったです」と破顔した。樽美酒が普段通りの下ネタを投下する一方で、鬼龍院は「今日のゴールデンボンバーのライブは最高の前振りだったと思います。ありがとうございます」と語った。HISASHIが「平成最後の曲が『女々しくて』になってしまいました! これからもこうやって僕らは音楽を楽しんでいきたいと思うのでよろしくお願いします」と述べたあと、TERUが「また令和で会いましょう」と観客に別れを告げた。

なおライブの模様は、回線トラブルが発生し配信障害が発生した関係で本日4月28日(日)17:00より再放送予定。プレミアム会員を対象にタイムシフト予約も受け付けている。会場に足を運べなかった人、生配信を見逃した人はチェックしてみよう。

「超プレミアムライブ GLAY × ゴールデンボンバー in 超音楽祭2019」2019年4月27日 幕張メッセ国際展示場 セットリスト

ゴールデンボンバー

01. 誘惑
02. 彼女の“Modern…”
03. 口唇
04. 元カレ殺ス
05. 抱きしめてシュヴァルツ
06. TAKUROさんの夏
07. まさし
08. GLORY LOVE
09. 令和
10. †ザ・V系っぽい曲†
11. 女々しくて

GLAY

01. 女々しくて
02. 誘惑
03. サバイバル
04. Winter,again
05. SOUL LOVE
06. グロリアス
07. 元号
08. 生きがい
09. 愁いのPrisoner
10. FATSOUNDS
11. SHUTTER SPEEDSのテーマ
12. 彼女の“Modern…”
<アンコール>
13. 女々しくて / GLAYゴールデンボンバー

※記事初出時、本文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー