音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

Perfume、ポルノ、クロマニヨンズがペプシCMで洋楽カバー

302

サントリー食品「ペプシネックス」の新しいテレビCMに、ザ・クロマニヨンズポルノグラフィティPerfumeの3組が出演。各アーティストがCM中で海外の名曲をカバーすることが明らかになった。

コブクロ、L'Arc-en-Ciel、倖田來未が洋楽カバーを披露した第1弾CMに続いて、今回も「LOVE! PEPSI NEX」をスローガンに3組のアーティストが巨大ボトルに囲まれパフォーマンスを披露。ザ・クロマニヨンズはRAMONESの「Blitzkrieg Bop」、ポルノグラフィティはT.REXの「Get It On」、そしてPerfumeはTHE CARDIGANSの「Lovefool」をそれぞれカバーする。

初のCM出演となるザ・クロマニヨンズは、撮影の最初からフルパワーで熱唱し、普段のライブハウスの熱気をそのままCM映像化することに成功。ペプシを飲むシーンは4人でタイミングを合わせて飲むのに苦労したものの、各メンバーの個性がにじみ出た飲みカットをカメラにおさめることができた。

ポルノグラフィティの撮影は、夏をイメージさせる光と水をテーマにした特殊ステージで実施。足元が水に浸かっていることをものともせず、水しぶきをあげながら熱のこもった演奏を繰り広げた。2人の表情は冷静そのものだったが、楽曲の展開とともに徐々にテンションも上がり、歌い上げる部分では握りこぶしを固めてシャウト。クールなたたずまいと熱いステージングが絶妙なバランスで表現された。

Perfumeにとって新境地の洋楽カバーとなる「Lovefool」は、トラックをcapsuleの中田ヤスタカが制作し、振り付けをMIKIKOが担当。あ~ちゃんはライブ後にいつも飲むほど「ペプシネックス」が大好きということもあって、3人のテンションは撮影序盤から最高潮だった。撮影終盤に行われたナレーション録音では、あ~ちゃんの音頭で「やっぱり、これが好き」というセリフを3人で収録。「大人っぽく」「かわいらしく」といった監督のリクエストに何度も同じセリフを繰り返したが、3人の息はピッタリで寸分違わぬ音声を録音することができた。

CMの演出はCORNELIUSのビデオクリップなどでおなじみの映像クリエイター・辻川幸一郎が担当。CM映像の長さはザ・クロマニヨンズ編、ポルノグラフィティ編、Perfume編それぞれ15秒ずつで、CMは6月12日から全国でオンエアされる。

音楽ナタリーをフォロー