音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

キスマイ北山宏光、猫になって舞台挨拶登壇「みんなチヤホヤしてくれる」

2526

北山宏光

北山宏光

本日1月26日に東京・NEW PIER HALLで映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」の完成披露試写会が行われ、北山宏光Kis-My-Ft2)、多部未華子平澤宏々路飯豊まりえ要潤筧昌也監督が登壇した。

「トラさん~僕が猫になったワケ~」はマンガ雑誌「YOU」で連載されていた同名マンガを実写化した作品。酒とギャンブルに溺れる売れないマンガ家・高畑寿々男がある日交通事故で死んでしまうも、あの世の“関所”で1カ月の執行猶予を言い渡され、猫となって家族の元で過ごす様子が描かれる。作中では寿々男役を北山、その妻・奈津子役を多部、娘・実優役を平澤宏々路がそれぞれ演じている。

北山は作中と同じく“猫スーツ”を着て舞台挨拶に登場。驚く観客に「笑ってる方いますけど、猫界の正装ですから!」と強調した。北山は手に肉球を付けいてうまく物をつかむことができないため、ぎこちない様子でマイクを握り、「暑い! 俺だけ絶対汗だくなんですよ!」と猫のように肉球を嗅ぐ場面も。彼の1つひとつの動作に「かわいい!」と客席から声が上がると、「これ着てるとき、みんなチヤホヤしてくれるから得なんだよね」とにっこりと笑顔を見せた。

多部が原作について「すごく感動する話だなと。映像になったらどうなるんだろうと思っていたら、こういう形で……」と北山の姿を見て笑うと、北山は「こういう形でって(笑)。散々かわいいかわいいって、毛を触ったりしてくれたんですけどね……」といじけてみせる。平澤に猫姿を「かわいい!」と褒められた北山は、「ねー!」と満足げ。その後も平澤は「カッコいいし、かわいいし、面白いし、優しい。こんなお父さんとお母さんがいたら、絶対楽しいだろうなって毎日思ってました」と父親役を演じた北山を絶賛していた。

北山と同じく猫役を演じた飯豊から「私、北山さんが猫を演じる練習をしていたのを見ました。『言わないで』って言ってたんですけど、北山さんが鏡に向かって手を動かしていたんです」と裏話を明かされると、北山は「やめてよー! 恥ずかしいって」と慌てる。司会者に「人生でやり直したいことは?」と尋ねられ、飯豊が「昔給食の牛乳を飲みすぎたせいで、背が伸びすぎてしまったんです」と後悔すると、観客の視線が北山に集中。彼はざわつく客席に向かって「みんな俺のことチビだと思ってるんですよ! 俺も牛乳を飲んだんです」と拗ねて、「俺ももう少し身長延ばしたかったですよ」と本音をこぼした。

最近泣いたことを尋ねられた北山は、「好きな曲がありまして……『君を大好きだ』っていう曲なんですけど」とKis-My-Ft2が担当する主題歌を宣伝。「デモの段階から聴いているんですけど、自分たちの声が入ったときに、『なんだこのいい曲は?』って泣きました」としみじみと語った。最後に北山は「映画初出演、初主演、初猫役をやらせていただきました。素敵なキャストの皆さんと一緒にたくさんの愛情を注いだので、劇場に足を運んで僕たちの愛情を受け取ってください」と映画をアピールし、舞台挨拶を終えた。

音楽ナタリーをフォロー