音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

高橋幸宏「Saravah!」再現ライブで細野晴臣らと共演した一夜

2280

「Saravah! 40th Anniversary Live」の様子。(撮影:三浦憲治[TEAM LIGHTSOME])

「Saravah! 40th Anniversary Live」の様子。(撮影:三浦憲治[TEAM LIGHTSOME])

高橋幸宏のソロ活動40周年を記念したライブイベント「Saravah! 40th Anniversary Live」が11月24日に東京・東京国際フォーラム ホールCで開催された。

このイベントで高橋は、1978年6月21日に高橋ユキヒロ名義でリリースしたデビューアルバム「Saravah!」を完全再現。当時のレコーディングに参加した林立夫(Dr)をはじめ、11名のアーティストも出演した。

スクリーンにセピア調のフランス映画の映像が流れると、ステージにはブラックスーツに身を包んだ高橋とバンドメンバーが登場。アルバム1曲目に収録された「VOLARE」でライブの幕を開ける。演奏を終えた高橋は「今日はゆったりとやります! 理由は曲が少ないから(笑)」と和やかにMCを挟みつつ、「先日亡くなったフランシス・レイとピエール・バルーに捧げます」と2曲目の「SARAVAH!」を歌唱した。「LA ROSA」ではレコーディングに参加していたギタリスト・松木恒秀と大村憲司のギターの音に佐橋佳幸が演奏を重ね、時空を超えた競演でオーディエンスを楽しませた。

またアルバムの共同プロデュースを手がけた坂本龍一からのビデオメッセージも紹介された。自身が作曲した「ELASTIC DUMMY」について坂本は「難しい曲ですね。自分でもよく弾けました」「バッキングが難しいので、(ライブに)呼ばれなくてよかった(笑)。そこは若い人に譲って」とコメントした。坂本からのメッセージを受け、同曲のキーボードを担当したのはDr.kyOn。高い演奏力で見事に重責を果たしていた。VTRのあとには「あの人(坂本)が出てきたので、そろそろこの人にも」と高橋に呼び込まれた細野晴臣が登場。細野と有賀啓雄によるツインベースで「PRESENT」が届けられ、本編が終了した。

アンコールの声に応えて再びステージに現れた高橋。「アルバムは全曲やったんで、どうしようと思って。なので今までやったことない曲やります!」と話すと、自身が主演を務めた1986年公開の映画「四月の魚」の主題歌「四月の魚」をライブ初披露した。さらにバート・バカラックの「The Look Of Love」をカバーした彼は曲の中盤でドラムセットに移動し、アルバム未収録のインストゥルメンタルナンバー「MAJI」へ。高橋と林のツインドラムに藤井珠緒のパーカッション、有賀啓雄のベースが加わった迫力あるパフォーマンスを見せつけた。ダブルアンコールではギターを携えた細野が再登場し、高橋とアコースティックアレンジの「SARAVAH!」を披露。最後に高橋は「また、新しいアルバムを作りますね!」と宣言してステージを降りた。

高橋幸宏「Saravah! 40th Anniversary Live」セットリスト

01. VOLARE(NEL BLU DIPINTO DI BLU)/ ボラーレ
02. SARAVAH! / サラヴァ!
03. C'EST SI BON / セ・シ・ボン
04. LA ROSA / ラ・ローザ
05. MOOD INDIGO / ムード・インディゴ
06. ELASTIC DUMMY / エラスティック・ダミー
07. SUNSET / サン・セット
08. BACK STREET MIDNIGHT QUEEN / ミッドナイト・クィーン
09. PRESENT / プレゼント
<アンコール>
10. 四月の魚
11. BRAND NEW DAY
12. The Look Of Love
13. MAJI
<ダブルアンコール>
14. SARAVAH! / サラヴァ!

<出演者>
高橋ユキヒロ / 佐橋佳幸(G) / Dr.kyOn(key) / 林立夫(Dr) / 矢口博康(Sax) / 有賀啓雄(B) / 斎藤有太(Key) / ゴンドウトモヒコ(Ehpho, Computer / METAFIVE、anonymass、pupa) / 藤井珠緒(Per) / 重住ひろこ(Cho) / 岡村玄(Cho) / ツヤトモヒコ(Cho)
ゲスト:細野晴臣(B, G)

※記事初出時、本文およびセットリストに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー