音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

幻のシンガーソングライター、金延幸子のライブ「45年目の“み空”」開催決定

422

金延幸子のライブ「Makoto Kubota presents Sachiko Kanenobu's MISORA 金延幸子 45年目の“み空”」が11月9日に東京・晴れたら空に豆まいてで開催されることが決定した。

1948年に大阪で生まれた金延は、1969年に五つの赤い風船の中川イサトらと共にフォークバンド・愚を結成し、1971年にソロデビュー。国内での女性シンガーソングライターの草分けとして、当時は「日本のジョニ・ミッチェル」とも呼ばれた。 1972年に細野晴臣がプロデュースを務めた1stアルバム「み空」を発表。しかし彼女はそのアルバムを1枚出しただけでアメリカに移住し、その後の情報は日本に伝わらず幻のシンガーとなっていた。1990年代に入って小沢健二がライブの客入れBGMに使っていたことをきっかけに再評価され、2000年代には海外でもCDやアナログのリイシューが行われている。

今回のライブは高田漣と伊藤大地(グッドラックヘイワ)がバンドメンバーを務め、久保田麻琴がライブミックスを担当。オープニングアクトとして児玉奈央が出演する。チケットは本日9月14日より発売中。

Makoto Kubota presents Sachiko Kanenobu’s MISORA 金延幸子 45年目の“み空”

2018年11月9日(金)東京都 晴れたら空に豆まいて
金延幸子(バンドメンバー:高田漣、伊藤大地) / 児玉奈央(オープニングアクト)
LIVE MIX:久保田麻琴

音楽ナタリーをフォロー