音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

「今この瞬間がとっても幸せ」モー娘。尾形春水、笑顔の卒業公演

1196

尾形春水

尾形春水

モーニング娘。'18が昨日6月20日に東京・日本武道館にて単独公演「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~ファイナル 尾形春水卒業スペシャル」を開催した。

この公演はグループ結成20周年を記念して3月より実施されている全国ツアーの最終公演として行われたもの。昨日のステージをもって12期メンバーの尾形春水がグループを卒業することを発表しており、武道館には彼女の最後のステージを観ようと多数のファンが詰めかけた。

客電が落ち、アリーナ中央にあるセンターステージにメンバー13人が集結すると、彼女たちは最新シングルの表題曲「A gonna」でライブの口火を切る。間髪入れずに「ロマンスに目覚める妄想女子の歌」「Fantasyが始まる」などダンスチューンを届けると、客席からは怒号のようなコールが上がり、ライブ序盤から大盛り上がりとなった。

最初のMCではサプライズとしてハロー!プロジェクトのリーダーであるアンジュルムの和田彩花が登場。花束を尾形に手渡した和田はグループを巣立っていく尾形に向けて「寂しい気持ちはありますが、はーちんの素敵な笑顔なままで新しい道を歩んでほしいと思います。ご卒業、おめでとうございます」と言葉を贈り、彼女の卒業を祝った。その後モー娘。のメジャーデビュー曲「モーニングコーヒー」の“20th Anniversary Ver.”が13人で披露され、ライブはユニットコーナーへ。パステルカラーのドレスに身を包んだ彼女たちは「シャニムニ パラダイス」「INDIGO BLUE LOVE」など歴代のアルバム収録曲を交えたメドレーを届けていく。尾形はリーダーの譜久村聖や、同期の牧野真莉愛、羽賀朱音らと「レモン色とミルクティ」を元気いっぱいに歌って踊り、オーディエンスを魅了した。ユニットコーナーを終え、再び13人がステージ上にそろうと「リゾナント ブルー」や「しょうがない 夢追い人」などのシングル曲を連発。「Hand made CITY」では、タオルを手にしたメンバーの呼びかけにオーディエンスが声を振り絞って応える盛大なコール&レスポンスが繰り広げられ、会場内のボルテージは一気に上昇していった。

生田衣梨奈、石田亜佑美、小田さくら、加賀楓の4人によるMCでは「踊ってみろ!!」と題した企画に挑戦。道重さゆみ「ラララのピピピ」や℃-ute「Danceでバコーン!」が流れ始めると、持ち曲ではないにも関わらず4人はどちらの楽曲もしっかりと踊り、観客たちを驚かせた。ライブ後半には13人で「コンサートで一番盛り上がる曲は?」というファンへのアンケートで上位となった「One・Two・Three(updated)」「泡沫サタデーナイト!」などをメドレー形式でパフォーマンス。本編の最後にはラップを取り入れたダンスチューン「ジェラシー ジェラシー」で、客席を揺らした。

熱烈な「はーちん」コールに応え、ステージに1人姿を現した尾形はファンに向けた手紙を読み始める。彼女は「モーニング娘。として過ごした日々は一生忘れることのない宝物です。モーニング娘。の活動から学んだことはたくさんあります。歌、ダンスは偉そうに言えないけど、礼儀や人間関係など、この活動を通していろんな学びがありました。卒業発表をしてからファンの皆さんは私に『幸せになってね』と言ってくれました。だけど、私はもう今この瞬間がとっても幸せです」と話し、ファンからの大歓声をさらう。手紙を読み終え、水色のペンライトの光であふれる客席を見渡した尾形は「涙が止まらない放課後」を1人で歌唱。花道をゆっくり歩きながら、終始笑顔で歌声を届けた。

尾形がパフォーマンスを終えると、ほかのメンバーがステージに合流。リーダーの譜久村は「本当にはーちん、卒業しちゃうんだね」とこぼし、「思った以上にはーちんのことが好きだったんだって思って……。すごく寂しいなって思う」と自身の心情を明かした。尾形と同じ12期のメンバーである野中美希は、2人の思い出を振り返り「同期は同期。この関係は変わらない。永遠に同期としてよろしくお願いします」と挨拶した。牧野は「12期ははーちんがいないとまとまらないし、はーちんがいたから今までまとまっていた」「これからもはーちんとずっと一緒にいたかった」と涙ながらに自身の気持ちを打ち明ける。羽賀は「私とは強がっちゃうところがすごく似てる」と話し、「私が今後生きていく中で、はーちん以上の存在の、かけがえのない人に出会えない気がする。これからもお互い相談し合える仲でいてください」と声をかけた。この日最後の楽曲は「青空がいつまでも続くような未来であれ!」。メンバーの「もっと! もっと!」という呼びかけに応えるように、客席からも歌声が上がり、武道館は盛大なシンガロングに包まれた。終演後、再び「はーちん」コールが巻き起こると、一度ステージを掃けた尾形は再び姿を現し、マイクを使わずに「ありがとうございました」と挨拶。会場内が盛大な拍手であふれる中、この日の公演はフィナーレを迎えた。

モーニング娘。'18「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~ファイナル 尾形春水卒業スペシャル」2018年6月20日 日本武道館 セットリスト

01. A gonna
02. ロマンスに目覚める妄想女子の歌
03. Fantasyが始まる
04. 青春Say A-HA
05. Password is 0
06. 花が咲く 太陽浴びて
07. Help me!!(updated)
08. 愛の軍団
09. モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)
10. シャニムニ パラダイス(小田さくら、羽賀朱音、加賀楓、森戸知沙希)~レモン色とミルクティ(譜久村聖、尾形春水、牧野真莉愛、羽賀朱音、加賀楓、横山玲奈)~トキメクトキメケ(譜久村聖、生田衣梨奈、飯窪春菜、石田亜佑美)~INDIGO BLUE LOVE(小田さくら、野中美希、森戸知沙希)~坊や(譜久村聖、飯窪春菜、佐藤優樹、尾形春水、牧野真莉愛)~大人になれば 大人になれる(生田衣梨奈、石田亜佑美、佐藤優樹、野中美希、横山玲奈)
11. リゾナント ブルー
12. しょうがない 夢追い人
13. 泣いちゃうかも
14. Hand made CITY
15. 愛され過ぎることはないのよ
16. Moonlight night ~月夜の晩だよ~
17. 雨の降らない星では愛せないだろう?
18. One・Two・Three(updated)~泡沫サタデーナイト!~わがまま 気のまま 愛のジョーク~みかん~What is LOVE?
19. TIKI BUN
20. ナルシス カマってちゃん協奏曲第5番
21. 君の代わりは居やしない
22. ジェラシー ジェラシー
<アンコール>
23. 涙が止まらない放課後 / 尾形春水
24. Are you Happy?
25. 青空がいつまでも続くような未来であれ!

音楽ナタリーをフォロー