音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

EXILE THE SECONDが柔道応援ソングを担当、幕張でコラボも

780

左から増地克之全日本女子監督、井上康生全日本男子監督、黒木啓司、EXILE SHOKICHI。

左から増地克之全日本女子監督、井上康生全日本男子監督、黒木啓司、EXILE SHOKICHI。

EXILE THE SECONDの楽曲「日昇る光に ~Pray for Now~」が、2020年東京オリンピック・パラリンピック柔道を盛り上げるための応援ソングに決定。本日5月14日に東京・ホテル雅叙園東京にて行われた、全日本柔道連盟とEXILE THE SECONDによる共同記者会見にメンバーの黒木啓司とEXILE SHOKICHIが出席した。

「日昇る光に ~Pray for Now~」は本プロジェクトのために書き下ろされたナンバーで、最新アルバム「Highway Star」の収録曲の1つ。過去にEXILEがフジテレビ系のリオ五輪中継テーマソングを担当した際に、共に宮崎県出身で同郷の井上康生全日本男子監督と黒木が「月刊EXILE」にて対談したことをきっかけに両者の間に親交が生まれ、その後も両者は公私共に交流を深めてきた。その中で互いに共感する部分を感じ、井上監督はEXILEというエンタテインメントを柔道界に取り入れたいという思いが生まれたという。そしてその思いを黒木が受け止め、今回の応援歌の書き下ろしにつながった。

記者会見には黒木とSHOKICHI、本プロジェクトのプロデューサー東原邦明氏、井上監督、増地克之全日本女子監督の5名が登壇。今回のプロジェクトについて黒木は「柔道とEXILEエンタテインメントが掛け合わさったときに化学反応を起こして、新しいエンタテインメントが生まれたらという思いから楽曲を作らせていただきました」と話す。

「日昇る光に ~Pray for Now~」の作詞作曲を手がけたSHOKICHIは「井上康生監督とディスカッションしたときに『自他共栄』という言葉をいただきました。『柔道はみんなで日本の誇りを持って戦いに行くチーム戦』だと聞いて、そこにものすごい感銘を受けてこの言葉をテーマだなと思いました。サビのフレーズが一番伝えたかったところで、レコーディングでも力を込めて歌って、自分なりに力強い応援ソングができたかなと思います」と楽曲に込めた思いを明かした。黒木は今回「日昇る光に ~Pray for Now~」の楽曲構成を手がけたそうで、「イントロが長いのは日本の国旗が上がっていく様子をイメージしました。選手が奮い立つような激しい部分もあります。アウトロに関しては、SHOKICHIが歌うことによって、新しい柔道の光だったり、また新しい柔道の歴史が始まるようなイメージに。そんな構成を作らせていただきました」とその意図を語った。

選手たちに応援ソングを聴いてもらいたいという思いから、トレーニングセンターを訪れたという黒木。増地監督が「選手の中にもEXILE THE SECONDのファンの選手がいるので、(黒木が)来た途端に(選手たちの)モチベーションがあがりましたね。特別講師に来ていただきたいくらいです」とそのときの様子を振り返ると、黒木は「よろしくお願いします」と笑顔を見せた。井上監督は「選手たちのモチベーションをあげようと思ってチームのTシャツを作ったんです。ちょうど同じ時期に黒木さんからもTシャツをいただいたんですけど、僕が作ったほうが余って(笑)。黒木さんとお写真を撮っていただいたり、お話しているときの選手の顔は、全日本の監督になって6年目になりますが、一度も僕の前で見せたことがありません。男がこんな表情をするんだっていうくらい柔らかいいい表情をしていたので、今後もいろんな面で協力をしてもらいながら、柔道界を1つにまとめていきたいです。この恩返しは結果でしかできないと思っているので、結果を残せるようにがんばっていきたいです」と語った。

また「日昇る光に ~Pray for Now~」はEXILE THE SECONDが5月23、24日に千葉・幕張メッセ国際展示場にて行う公演「EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 "ROUTE 6・6" THE FINAL」の1日目にてお披露目されることが決定。井上監督、羽賀龍之介選手、高藤直寿選手、大野将平選手、海老沼匡選手、田知本遥選手、中村美里選手とのコラボレーションという形でパフォーマンスされるという。このことについて黒木は「新しいエンタテインメントとしてまず楽曲でのコラボレーションを。まずは観に来ていただいてどういうエンタテインメントが作り上げられるのかを楽しみにしていただければ」と語った。

なお会見後に行われた囲み取材では、黒木とSHOKICHIに「柔道の経験は?」という質問が。2人とも柔道経験は中学の体育でやった程度だそうで、SHOKICHIは「この機会によって自分の柔道への思い入れが今までの何百倍にもなりました。これからいろいろ観させていただくのが本当に楽しみです」と話した。

黒木啓司 コメント

この度、全日本柔道連盟、初となる応援ソングを担当させていただくことになりました。
井上康生監督と出会い、日本の柔道に触れ、その姿勢や価値観にとても共感するとともに、たくさんのことを学ばせていただきました。今、日本柔道は、「守るべきもの」と「変えるべきもの」と、この二つがあることを理解し、未来に向かって進化を遂げようと取り組んでいます。
僕らEXILEと柔道、一見異質なものが交わることで、新たな進化へと化学反応が起こるはずだと感じています。
柔道で世界と戦い、そのひたむきな姿で、柔道の素晴らしさを世界に伝える日本代表選手たちの力になれるように、柔道を志す、すべての人の力になれるように。
そして、歴史ある柔道がこれから未来へ向かっていく想いを、僕らの活動を通じて、一人でも多くの皆さんへ伝えることができたらと思います。
「精力善用」「自他共栄」の精神で、日本の誇りでもある柔道を盛り上げて行きたいと考えています。
日本の柔道が、2020年の東京オリンピックに向けて盛り上がっていくような、そして選手の皆様が奮い立つような楽曲になっています!

EXILE SHOKICHI コメント

柔道という日本が世界に誇れる文化 / 伝統を通して、日本の精神であったり、日本の素晴らしさを世界に伝えていければと思っています!

音楽ナタリーをフォロー